スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    はるかな本、遠い絵  

    • 2007.09.04 Tuesday
    • 22:02
    はるかな本、遠い絵
    はるかな本、遠い絵
    川本 三郎
     07−221 ★★★☆☆
     【はるかな本、遠い絵】 川本 三郎 著  角川書店

     《遠い懐かしい本、懐かしくて遠い絵、…》

     出版社/著者からの内容紹介より
    明治、大正、昭和――。文学や芸術に垣間見る近代日本の懐かしい風景。

    夏目漱石、藤沢周平、林芙美子、植草甚一など、逸話の中に文豪の素顔を知り、忘れられた作家や画家たちに想いを寄せる――。近くも遠い過去を訪ね、近代文学や戦後の中に置き忘れられた、記憶と風景を蘇らせる。

     内容(「BOOK」データベースより)
    寡黙で質朴な藤沢周平の文体、風変わりでユニークな幸田文の言葉、無垢でたくましい林芙美子の人生、「風船画伯」と渾名された谷中安規の丸い絵―。創作の現場を覗いては、文豪たちの素顔に触れ、消え去った作家や画家たちの影を垣間見る。近くて遠い時間のなかを、読み、歩き、愛で、味わう。あるべき過去の遠景が詰まったエッセイの贈り物。


     この本に出てくる本と著者の半分くらいしか知らないけれど、何か懐かしく感じるものばかりのエッセイだ。ちょっとしたエピソードが一杯載っている。読んでいて楽しくなる、そんな本だ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM