スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    今ここにいるぼくらは  川端 裕人

    • 2007.08.14 Tuesday
    • 21:43
    今ここにいるぼくらは
    今ここにいるぼくらは
    川端 裕人
     07−210 ★★★☆☆
     【今ここにいるぼくらは】 川端 裕人 著  集英社

     《あのころ、ぼくたちには何かがあった…》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    センシティブに描く、傑作少年小説!
    里山に虫を追い、星空を眺め、川は冒険の舞台だった。友達関係に悩み、未来に思いを馳せた。だけど、心にぽっかり開いた穴が時々囁きかけてくる少年博士を主人公に描く、心にやさしく響く少年小説。

     内容(「BOOK」データベースより)
    あのころもこれからも、きっと宇宙にまで、あなたと少年の心臓を貫いて、川は流れているんだ。『川・少年小説』というニューウェーブからの贈り物。


     体を拭き抜ける風が、おまえの居場所はここじゃない、と囁いた――
     ずいぶん長い間、自分の居場所がない感覚を抱いていたし、ひよっと
     すると今も変わらないのかもしれない。
     もっとも、こんなこと、今のきみに言っても仕方ない。
     これは、いつか、の話なんだ。
     いつかきみが出会うものと、ぼくがこれまでに出会ったもの。それらは、
     つながっているような気がする。すべての川を束ねる海まで下らなくても、
     ぼくたちは同じ水脈の中にいるんだからね。
     だから、ぼくはお節介にも囁きかけるんだよ。
     ぼくたちは一人ぼっちだ。それも悪くない。  
     (帯文より)


     あの少年時代、川には何かがあった。
     星空への想い、あのころに帰ってきた。

     「汽爛襯舛函∪遒鯀未襦廖
     小学一年生・博士の心理状態を描いた作品。
     川のはじまりはどこだろうか、5年生の後を追う。
     川への思いと川の自然との闘いを描く。
     他6篇もいい。
     
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM