スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    最後の命  中村 文則

    • 2007.08.08 Wednesday
    • 21:21
    最後の命
    最後の命
    中村 文則
     07−205 ★★★☆☆
     【最後の命】 中村 文則 著  講談社

     《子供時代に受けたダメージが、…》

     内容紹介
    芥川賞受賞後、はじめての長篇小説。

    浮浪者たちに輪姦されている精神薄弱の女・やっちりを目撃した私と友人・冴木。
    夜の工場跡地で体験した、暴力の光景。後日、やっちりは死体となって発見される。
    少年時代に体験したひとつの死。
    二人の生き方は、成長するにつれだんだんと社会から逸れていってしまう。
    ある日、大人になった私のもとに冴木から電話がかかり、二人は再会する。
    数日後、私が自宅に帰宅すると自分の部屋の中で、ひとりの女が死んでいた。
    それは、よく指名するデリヘルのエリコだった……。
    心の闇、欲望、暴力とセックス、そして人間とは何か。
    暴力と人間をテーマに描く芥川賞作家が全精力を傾け、ミステリアスな物語とスピード感あふれる文章で描き出した傑作長篇小説。


    子供時代に目撃したことが、こころの内なるものにどっしりと居座り続けている。心の闇が知らず知らずに現してくる。セックスというのを正常、不正常に位置られているがどうなんだろうか。強烈な印象だったということはわかるが。
     今の現状は、精神的に不安定になる人たちが多い、何故だろうか。生きる意味をどこに求めているのか。一日一日を全うに生きる、精一杯生きるしかないのか。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん、こんばんわ。
      今回テーマがテーマだけに、イマイチ共感できなかった気がします(笑)
      でも、サスペンスタッチで、最後はビックリしました。
      二人はどこで道が分かれてしまったんでしょうね。
      • ia.
      • 2007/08/09 12:19 AM
      おはようございます。
      幼少の時の家族、家庭の問題は、重要なんでしょうが。
      心のなかにくすぶり続けていたのでしょうか。
      サスペンスタッチ的で読みやすい感じでした。
      • ia.さんへ
      • 2007/08/09 6:08 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM