スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「愛」という言葉を口にできなかった二人のために  沢木 耕太郎

    • 2007.08.02 Thursday
    • 00:16
    「愛」という言葉を口にできなかった二人のために
    「愛」という言葉を口にできなかった二人のために
    沢木 耕太郎
     07−198 ★★★★☆
     【「愛」という言葉を口にできなかった二人のために】沢木 耕太郎 著  幻冬舎

     《人間の哀切を数々の映画エッセイで…》

     内容(「MARC」データベースより)
    言いたかった…。でも、言えなかった。スクリーンが映し出す、「愛」という言葉を口にできないまま別れていく人間の哀切。過去の記憶を呼び起こす映画作品について綴った32編を収録。『暮らしの手帖』連載を単行本化。


     人生においては、「愛」という言葉を口にできないまま別れていくというのは格別珍しいことではないだろう。焦がれるというほど強烈な思いを抱かなくとも、淡い好意を態度にも口にも出せないまま別れるということはさらによくあるように思える。
     そうした状況を描いた作品は、まるでかつて「愛」という言葉を口にできなかった二人のために存在するかのように、彼らを過去に引き戻し、過去の記憶を呼び起こす

      (帯文より)

     32編のエッセイ、映画エッセイ。一杯、一杯、映画の話が出てくる。上文は、表題にもなっている【「愛」という言葉を口にできなかった二人のために】というなかの一文である。ここでは「ブロークバック・マウンテン」が取り上げられている。あの男同士の愛・ホモセクシャルの話だ。私も映画館で見たのだが、これだけ純粋に愛せることが羨ましくもあった。何年ぶりに会うときのキスは異常のようにも映るが、それほどの思いがあったのだろう。六十代半ばの女性が原作を書き、台湾出身の映画監督アン・リーが撮る。
     その映画を見て、沢木さんの飾り気のない文を読めるのが何ともいい気分です。


     私が気にいっている「ブラス!」も取り上げたりされているのが嬉しい。「ブラス!」これはいいですよ。ここに出てくる映画は見ているのが多いからまた楽しいのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM