スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    虹色にランドスケープ  熊谷 達也

    • 2007.07.25 Wednesday
    • 22:43
    虹色にランドスケープ
    虹色にランドスケープ
    熊谷 達也
     07−194 ★★★☆☆
     【虹色にランドスケープ】 熊谷 達也 著  文藝春秋

     《ライダーの友情物語……》

     内容(「BOOK」データベースより)
    別れと出会いは、いつも交互にやってくる…。どんなに愛していても別れなければならなかった恋、添い遂げられなかった愛。不器用な生き方しかできない男女7人の、光と影を描いた最新連作短編集。史上初の直木賞&山本周五郎賞ダブル受賞作家が魅せる新境地。


     春を迎え、しばらく眠らせていたバイクのエンジンに火を入れて走りだしたとたん、いつも決まって「やっほー!」と叫んでしまいます。ヘルメットのなかでは、みっともないくらい頬が弛んでいます。バイクに乗ることが生きる目的ではないけれど、バイクの世界からどうしても離れられない7人の男女の物語に、読者の皆さんに少しのあいだお付き合いいただけたら、ひとりのバイク乗りとして僕はとても幸せです。
                             熊谷達也
     (帯文より)

     人間が主役ですが、バイクで皆が繋がっている連作短篇集です。バイクを通しての物語というのはめずらしいものだと思います。ヤマハ、スズキ、BMWなどの名前も出てきます。ある意味、バイクが主役かもしれません。
     熊谷達也さんもライダーなんですね。熊谷さんと言ったら「邂逅の森」を思い浮かべますのでこうした現代的な物語に馴染むのに時間が掛かってしまいます。しかし、今回はすんなりと読めてしまいました。バイク繋がりの人情物語です、最初と最後の章が直接に繋がっていてちょっと胸にせまるものがありました。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      完成時の全長169mm手軽にオートバイモデルの製作、コレクションを楽しんでいただけるシリーズです。部品点数をできるだけおさえて、組み立てやすさにポイントを置いた設計です。また、ベテランマニアがじっくり手を加えて作り込む素材としても最適です。最大でも全長約2
      • バイクの思い入れ
      • 2007/08/12 7:08 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM