スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    桃子  江國 香織,飯野 和好

    • 2007.07.21 Saturday
    • 07:45
    桃子
    桃子
    江國 香織,飯野 和好
     07−188 ★★★☆☆
     【桃子】 江國 香織作,飯野 和好絵 旬報社

     《恋の情念…》

     内容(「MARC」データベースより)
    のう、お客人。あなたも困った方だ。よっぽど好奇心が強いとみえる…。老いた僧によって語られる、寺にあずけられてきた小さな女の子、桃子と彼女の世話係の天隆の物語。「つめたいよるに」収載の短編を絵本に。


     この本を見たとき、直ぐに見た絵だと思った。絵が独特なものなのである。【草之丞の話】という本が、江國 香織作,飯野 和好絵の二人の組み合わせだった。
     この本は、寺の修行僧と寺ににあずけられてきた小さな女の子の恋を描いています。恋するということは、凄いことになります。純粋な恋の結果だからこうなってしまうのでしょうか。おかっぱ頭の桃子の表情がちょっとだけ大人に見えるのは私が男だからでしょうか。それにしても恋することはえらいことです、と思ってしまいます。 

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 07:45
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM