スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    夜明けの街で  東野 圭吾

    • 2007.07.21 Saturday
    • 00:52
    夜明けの街で
    夜明けの街で
    東野 圭吾
     07−187 ★★★☆☆
     【夜明けの街で】 東野 圭吾 著  角川書店

     《東野作品、不倫のテーマ…》

     出版社 / 著者からの内容紹介
    渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた・・・。


     久しぶりに東野圭吾さんの本を読む。不倫がテーマの本である。殺人事件も絡んだ本だが、東野さんがこんな本も書くのか、あらたな分野の開拓か、でもちょっとつまらない感じの本だ。前に読んだ盛田隆二【ありふれた魔法】の方が同じ不倫をテーマしているがいい。盛田さんの方が人間の内面が少し描かれている感じがするのだ。
     東野圭吾【夜明けの街で】には、ひとつの作品の後に付録が付いている。番外編「新谷君の話」、これが不倫のテーマの回答ではないがすべてのような気がする。
     東野ファンには申し訳ないが、どうも好きになれない。【白夜行】【幻夜】など読んで、気持ちが悪くなってくる、気味が悪くなって来てしまうのだ。屈折した人生模様に入っていけないのだ。 (本を読む人々。より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:52
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      あけましておめでとうございます。今年も本の感想お付合いください。
      さて、この本。15年前の事件の真相などおまけ的な存在でした。それよりも渡部のおばかっぷりにおおいに腹を立てた作品でした。秋葉が同性から見てそれほど魅力的に思えなかったんですけど(性格悪そうに思えてしまって)、男性からはどうなんでしょう。
      • じゃじゃまま
      • 2008/01/01 9:29 PM
      おめでとうございます。
      こちらこそ、ことしもよろしくお願いします。

      恋、恋愛というのは、盲目になってしまうんでしょうか。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2008/01/03 1:00 AM
      こんばんは。
      番外編の新谷君の話は結構リアルでしたよね。
      まさにこれぞ不倫!というお話だったように思います。だからこそあんな的確なアドバイスができたんですね〜。
      この本で男の心理を勉強させてもらった感じです。
      はじめまして。
      うーん、今ひとつの作品でした。
      番外編の新谷君の話がすべてなような気がしました。
      • masakoさんへ
      • 2008/05/09 6:24 AM
      ショートコメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      夜明けの街で東野 圭吾 (2007/07)角川書店この商品の詳細を見る <不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた> 渡部は派遣されてきた秋葉とバッティングセンターで会う。それが始まりだった。次第に親密になる渡部と秋葉。しか
      • それでも本を読む
      • 2007/09/03 3:15 PM
      一体どんなテイストの物語かと・・・読み始めた。最初はちょっと分からなかった。不倫にハマる男性の、「危険な情事」的な展開になっていくの?それもハラハラ。やっぱサスペンス?? 秋葉の過去にあった殺人事件の真相。真犯人は誰なの? やっぱりミステリ? 東野氏だ
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2008/01/01 8:53 PM
      夜明けの街で/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 幸福な家庭で起きた殺人事件。まもなく時効を迎える。僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた―。 15年前の殺人事件。まもなく時効を迎える。僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。渡部の働く会社に、派遣社員
      • 映画な日々。読書な日々。
      • 2008/05/05 7:56 PM
      夜明けの街で 東野圭吾 角川書店 2007年7月 渡部は派遣社員の秋葉と不倫関係におちいってしまう。秋葉の両親は離婚。母親は自殺。実家では、父の秘書が殺される事件が起きていたが、もすぐ時効を迎えようとしていた。秋葉はこの事件に関係しているの
      • <花>の本と映画の感想
      • 2008/05/09 8:58 PM
      夜明けの街で/東野 圭吾 東野圭吾 角川書店 2007 STORY: ひょんなことから不倫をすることになった渡部は、妻子ある身。不倫相手に殺人の疑いがかけられていることを知るが、渡部は妻子を捨てようとまで思い出し…。 感想:  うーん…これは…面白く
      • 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)
      • 2008/08/07 11:12 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM