スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    となりの用心棒  池永 陽

    • 2007.06.26 Tuesday
    • 23:33
    となりの用心棒
    となりの用心棒
    池永 陽
     07−172 ★★★☆☆
     【となりの用心棒】 池永 陽 著  角川書店

     《ユーモアヒロー小説か、…》

     出版社/著者からの内容紹介より
    気は優しくて力持ち、情に脆くて女にちょっぴり弱い用心棒の異色の人情小説
    婿養子に入った巨漢の勇作は一念発起して空手道場をオープン。気の優しい勇作はたちまち商店街のよき相談相手に。が、肝心の門下生は思うように集まらず…。情に脆くて女にちょっぴり弱い、ユーモアヒーロー小説。

    内容(「BOOK」データベースより)
    頼もしい男が商店街にやってきた!気は優しくて力持ち。けれど情にもろくて女性にはめっぽう弱い、小さな町の用心棒。脛に傷をもった善良な人々と悲哀ただよう“弱者の味方”を描く、涙と笑いが交錯する傑作人情小説。


    この主人公も沖縄出身である。ブログ仲間の人から聞かれたのだが、池永陽さんは何か沖縄と関係ある人ですかと、どうなんだろうか。出身は豊橋市となっているから違うが、何か繋がりがあるんだろうか。

     この本は、商店街に婿養子として入って、空手道場を開設する。商店街の人たちと主人公との交わりとそこの人たちとの義理とユーモアとちょっと切ないストーリーだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:33
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM