スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    バナールな現象  奥泉 光

    • 2007.06.17 Sunday
    • 20:28
    バナールな現象
    バナールな現象
    奥泉 光
     07−167 ★★★☆☆
     【バナールな現象】 奥泉 光 著 集英社

     《戦争と東京での日常生活がどこかで、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    1991年1月17日、湾岸戦争が始まった。砂漠の戦場から遠く離れた東京の郊外で、妻の出産を待つ大学講師・木苺の凡庸な日常に突然、暗黒の陥穽が口を開く。モーセのトーラー、鴉、理不尽な暴力の予感、そして改竄される歴史。様々な謎が顕在し、現実は虚構に侵蝕されてゆく。あの日を境にして世界は変わってしまったのか?21世紀の今日に鮮烈に屹立する、戦争と狂気の時代を黙示した問題作。


     恥ずかしいが、この本に出てくるニーチェの思想のことがあまり理解できていない。が、この本面白かった。イラク戦争と主人公・大学講師・木苺との日常との比較がどこかで繋がっているのか、戦争という狂気の時代という世界に、私たちは何が出来るのだろうか、無力なだけか。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM