スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    初恋温泉  吉田 修一

    • 2007.06.16 Saturday
    • 23:59
    初恋温泉
    初恋温泉
    吉田 修一
     07−166 ★★★☆☆
     【初恋温泉】 吉田 修一 著  集英社

     《温泉って、響きが日本的だなー》

     出版社/著者からの内容紹介より
    温泉に泊まる5組の男女の恋愛小説集。
    突然妻に別れ話を切り出され、とまどう夫。雪の一軒宿の謎めいたカップル。初めて恋人と温泉旅館に泊まる高校生。熱海・青荷・黒川ほか、日常を少し離れた温泉宿で繰り広げられる男と女の風景。


     温泉に泊まる男女の恋愛小説だが、終わり方が余韻があって良い。温泉に入って、いつまでも温かい気分のままだ。そんな余韻が残る小説だ。
     温泉って、何故いつまでも熱く、冷めない。恋愛もそうあって欲しいが、…。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんは。モンガさん。
      それぞれの温泉の情景が目に浮かぶようでしたね。
      とても好きな作品でした。
      吉田さんの新刊「悪人」はものすごいですよ!!
      ぜひ、モンガさんも読んでください!感想が聞きたいです。
      • ゆう
      • 2007/06/17 11:22 PM
      こんばんは、ゆうさん。
      温泉って、男女だとリアルで感情が出ているみたいです。
      本当にさり気ない人間の感情が巧いです。
      • ゆうさんへ
      • 2007/06/18 12:33 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      温泉をモチーフに、さまざまな男女関係をリアルに瑞々しく描いた短編5編。 どの編も、その温泉の情景といい、交わされる男女の会話といい、映像でも見るかのように鮮やかに描かれていた。 突然、別れを切り出された夫と妻の関係、妻に内緒の不倫旅行、多感な高校生カ
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/06/17 11:21 PM
      初恋温泉 しっとりとしながらもかわいらしいタイトルと、涼やかな表紙。でも、よっしゅうさんだから、このイメージで読んでしまうとあれ?ってことになるんだろうなぁと思いつつ読み始めました。 やはりほろ苦くて、そのうえ置き去りにされるようなラストが待ってい
      • 本のある生活
      • 2007/07/01 9:36 PM
      吉田 修一 初恋温泉 出会った瞬間、一目惚れ! というのが、この本の装丁。 まさに、温泉そのもの。 ちょっとバスクリンを入れたような緑色が、 それでも目に優しくて…。 タイトルの温泉と恋という文字が気に入った。 優しく包み込んでくれるような物
      • 酔芙蓉に恋をして
      • 2007/07/15 1:07 AM
      初恋温泉 出版社: 集英社 (2006/06) ISBN-10: 4087748154 評価:89点 「パレード」で山本周五郎賞受賞。 「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 いわゆるこてこての純文学系の人なんだろうと、この本を読むまでは思っていた。 というか、吉田修一自体をよく知ら
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2007/12/27 1:54 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM