スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    魔王  伊坂 幸太郎

    • 2007.06.10 Sunday
    • 23:44
    魔王
    魔王
    伊坂 幸太郎
     07−160 ★★★☆☆
     【魔王】 伊坂 幸太郎 著 講談社

     《こんな話、書いてほしい気もする》

     内容(「BOOK」データベースより)
    政治家の映るテレビ画面の前で目を充血させ、必死に念を送る兄。山の中で一日中、呼吸だけを感じながら鳥の出現を待つ弟。人々の心をわし掴みにする若き政治家が、日本に選択を迫る時、長い考察の果てに、兄は答えを導き出し、弟の直観と呼応する。ひたひたと忍び寄る不穏と、青空を見上げる清々しさが共存する、圧倒的エンターテインメント。

    内容(「MARC」データベースより)
    人々の心をわし掴みにする若き政治家が、日本に選択を迫る時、長い考察の果てに、兄は答えを導き出し、弟の直観と呼応する…。未来にあるのは青空なのか、荒野なのか。世の中の流れに立ち向かおうとした、兄弟の物語。


     伊坂さんには、珍しく政治の話だ。
     私は数多くの作品を読んでいないのだ知らないが政治の話題を書いている。
     国民投票、憲法改正、アメリカの圧力などなど。
     
     今の政治は、あきらかに何かがおかしい。
     どんどん国会を通って改正されて行く。
     議論もなしに、数だけで通っていくのだ。
     誰が投票したのか、なぜアメリカ型の経済を選んだのか。
     もろに格差の問題がいたるところに噴出している。
     いつの間にか、変わってしまっていくことを気づかない。

     この本は、そんなことを感じて書いているのか。
     何か、日本の未来が怖いのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは。
      明るい話題が最近は少ないですよね。
      「魔王」とは本当は何をさしているのか、居心地の悪さを感じた作品でした。
      こんばんは、らぶほんさん。
      近頃、なにかおかしいと思っています。
      この本、ちょっと政治のことを考えてしまいました。
      • らぶほんさんへ
      • 2007/06/13 11:30 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      魔王 政治家の映るテレビ画面の前で目を充血させ、必死に念を送る兄。 山の中で一日中、呼吸だけを感じながら鳥の出現を待つ弟。 人々の心をわし掴みにする若き政治家が、日本に選択を迫る時、長い考察の果てに、兄は答えを導きだし、弟の直感と呼応する。 未来に
      • らぶほん−本に埋もれて
      • 2007/06/12 4:05 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM