スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    シュガーな俺  平山 瑞穂

    • 2007.06.07 Thursday
    • 20:45
    シュガーな俺
    シュガーな俺
    平山 瑞穂
     07−157 ★★★☆☆
     【シュガーな俺】 平山 瑞穂 著  世界文化社

     《いつかは、誰でも身に沁みる話でも、…》

     出版社/著者からの内容紹介より
    本書は、若年層の増加などで社会問題にもなっている糖尿病(糖
    尿病患者740万人、予備軍は880万人)がテーマの"世界初の糖尿病小説"です!
    8月から@nifty上で連載がスタートしたと同時に話題沸騰。すでに朝日新聞や
    讀賣新聞でも紹介され、ブログでは「シュガーフレンド」なる造語もできる盛
    り上がりよう。『ラス・マンチャス通信』(新潮社刊)で第16回日本ファンタ
    ジーノベル大賞を受賞した作家・平山瑞穂が自らの糖尿病体験をもとに、33歳
    で突然発症した、サラリーマンの遭遇する決して甘くない波乱の日々を描く。
    シュガーな人もノンシュガーな人も、とにかく面白く読めてタメになること
    間違いなし!の、一級のエンターテイメント小説です。


     本人のことを元にしているのだろうか、よく調べてありリアルである。
     糖尿病は今や社会問題にもなっているが、関心なくても読んで見ていたおいた方が良い、いつなってもおかしくない予備軍かもしれないからだ。
     世界初の糖尿病小説と言っているが別に固苦しい小説ではない、平山さんだからソフトな語り口であり読みやすい小説なのだ。

     私は1回だけ入院したことがあるが、病室が三人部屋で私以外の人が糖尿病患者だった。当時、二人とも年齢のいった人たちで、一人はがりがりに痩せて人で、もう一人は太った人で対照的だった。定期的に看護婦さんが血液を取りにやってきたりしていて、糖尿病は大変だなーと思ったものだ。
     ある日、がりがり痩せた人に食パンを買ってきてくれるように頼まれて、自宅に風呂を浴びての帰りに食パンを買ってきてあげた。翌日、いつもの検査のあとに看護婦主任が病室に飛んで来て、がりがり痩せた人に向かって、『あなた、何か食べたでしょう!ちょっとでも口にするとわかるのよ』と大声に叫んだ。がりがり痩せた人は何も言わない。私は、これはまずいと思って寝たふりしたが、『ハ、ハーンモンガさんあなた何か頼まれてでしょう』イエイエとしたのだが、『今度から頼まれても買ってきてあげてはだめですよ』と簡単に見破れてしまった。何度か、同じことがあったそうだ。
     がりがり痩せた人は、前にも食パンを食べて注意されたので今回は食パン1枚だけでガマンしたと言うのである。数値は現実を現しているのだ。
     この二人の共通点は大酒飲みだったようだ。

     この本を読むと遺伝とか体質とかもあるだろうが、何ごともほどほどに食べたり、飲んだりしなくてはならない気がしてきた。やっぱり、私は甘いものをよした方がいいんだろうなー。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:45
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「これは糖尿病だ」と分かることは初期の段階ではほとんどないと言えます。自分自身で判断できないため、そのままにしておいてしまうことも多いようです。そのため、糖尿病の合併症になって気が付くことが多いのですね。網膜症や腎症、神経への障害がその例です。糖尿病
      • 糖尿病 合併症を避ける
      • 2007/10/27 5:18 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM