スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    山の上ホテル物語  常盤 新平

    • 2007.05.19 Saturday
    • 21:49
    山の上ホテル物語
    山の上ホテル物語
    常盤 新平
     07−138 ★★★☆☆
     【山の上ホテル物語】 常盤 新平 著 白水社

     《一度は泊まりたいと思えてくる…》

    出版社からのコメントより
    多くの作家に愛され、数々の名作を生み出す影の力となった、す
    てきなホテルのすてきな物語。
    創業者をはじめ、支配人たちが語る作家たちの素顔を通して、50年にわたる文壇
    の一面を浮き彫りにするとともに、特別なホテルを目ざすスタッフたちの情熱を
    あますところなく伝えている。
    当然ながらこのホテルは、小説家だけのホテルではない。わがままで好みのうる
    さい作家たちを満足させるホテルは、サービスの行き届いた宿に泊まりたいと願
    う一般の宿泊客をも、充分に満足させてきた。
    一度は泊まってみたい、特別なホテルの特別なサービスを、著者の温かい筆致に
    よって、読者は心地よく楽しむことができるだろう。
    Uブックス化にあたり、坪内祐三が解説を執筆し、花をそえている。


     本の表紙に作家の顔がぎっしり描かれているので、てっきりこのホテルと作家たちの物語・エッセイかなと思ったが、このホテル・山の上ホテルそのものの話である。
     作家に愛されて、有名な作家たちが定宿にしたことで名をなしているが、それにはそれなりのホテルへの情熱があるからこそなのである。
     創設者・吉田俊男の人なりを部下の証言を元に書かれたものである。創設者・吉田俊男そのものが山の上ホテルのようである。ホテルへの思いが一杯書かれたものである。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM