スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    かげろう  藤堂 志津子

    • 2007.05.18 Friday
    • 21:55
    かげろう
    かげろう
    藤堂 志津子
     07−137 ★★★☆☆
     【かげろう】 藤堂 志津子 著 文藝春秋

     《人生に絶望したとき、見えたもの、…とは》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    夫の忘れ形見としての子どもがほしい。でも……
    愛するひとを失った後、不思議な縁から養子縁組した雪江。孤独な女が人生を賭けた激しい決断とは!? 女性の心の陰影を描いた中篇3篇


      若くて、未熟で、
      それなりに未来への
      夢や希望があり、
      だから、現実は
      こんなものだと
      認めることが
      できなかったための
      淋しさと人恋しさ
      でもあったのだろう。

      しかし、四十代後半に
      さしかかったいま、
      現実はこんなもの、
      だった。    (「あらくれ」より)
     (帯文より)

     「かげろう」 「あらくれ」 「みちゆき」  3篇

    藤堂さんの作品は、以前とは大分変わってきたような気がしている。
     この本、3篇とも主人公は40代の女性であるが、人生の絶望感があるのをうまく書いている。3篇なりのものだが、読んだあとに強烈に頭に残ってしまうのは何故だろうか。
     40代、残りの人生が長いのであるが何かに希望があるのか。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM