スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    オアシス  生田 紗代

    • 2007.05.07 Monday
    • 19:11
    オアシス
    オアシス
    生田 紗代
     07−127 ★★★☆☆
     【オアシス】 生田 紗代 著  河出書房新社

     《会話が不思議といいという不思議、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    ため息をひとつつく。哀愁ってやつだ―私が“出会った”青い自転車が盗まれた。呆然自失の中、私の自転車を探す日々が始まる。父は単身赴任、母は家事放棄の“粗大ゴミ”。私と姉と母、女三人の日常は、どこか不穏ながらも、永遠に続くかに見えたのだが…。第40回文藝賞受賞作。


    選評より
     母と娘の確執はたびたび描かれてきたテーマだが、ここにはメソメソした母娘の
     物語を異化する視点がある。 斎藤美奈子氏

     父親不在で閉塞的な日本の空気を活写する。読了後、その表現が活きている、
     と納得するに違いない。  田中康夫氏

     最近現れ始めた親子関係のパターンを、ユーモラスに書くクールさが、この書き手の
     魅力。  藤沢周氏 
     (帯文より)

     この作家、生田さんの本の魅力って何だろうか、と思って最初の作品を読んでみる。
     【まぼろし】よりも普通・深刻さがない物語だ。家族の確執、重いテーマがあるのに何か、明るい?のだ。料理のシーン、姉との会話のシーン等々、日常描写の素直な・普通の書き方。現代作家とは、この文体・文章も他のとちょっと違っているところが良いのだろうか。やっぱり不思議な作家かも知れない。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:11
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM