スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ハヅキさんのこと  川上 弘美

    • 2007.04.30 Monday
    • 18:15
    ハヅキさんのこと
    ハヅキさんのこと
    川上 弘美
     07−120 ★★★☆☆
     【ハヅキさんのこと】 川上 弘美 著  講談社

     《日常があります、そこはどこでもある日常ですが、…》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    ささいな男女の機微を描く掌篇小説集。
    そこには、ささやかな日常がある。そして、男と女の心のふれあいやすれ違いがある。魅力あふれる、川上ワールドが、ふっと心をかすめる・・・。


     この人は、きっと少し前に
     本気の恋をしたんだろうな。
     なんとなく思った。
     そしてそれはもう、終わったんだろうな、とも。
    (帯文より)

     書かれかたが本当じみているものだから、作者であるわたしまで、なんだか騙されてしまう。記憶というもののありかたにそれは少しばかり似ていて、むろん本書の短篇にある虚の量は、人の記憶の中の虚の量よりずっと多いにちがいないのだけれど、虚と実のあわいにあるなんだかわからないものが知らずに現われているのが、不思議といえば不思議、当然といえば当然で、文章を書くとはなるほどそのようなものなのだったと、今さらながら合点しているところなのである。  (あとがきより)

     講演で聞いた、小説とは実ばかりではなんの面白さもなく、虚が交わってこそいきてくるのだ。その逆も同じことが言える。虚ばかりだと小説として態をなさない。
     虚と実、それが活かされている短篇集だ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん、こんばんは!
      ちょっとご無沙汰でした。
      公演でのお話、興味深いですね。
      虚と実、匙加減は作者次第。
      あとは読者の口に合うかどうかでしょうか。

      間違えて違う記事のTBしてしまいました。
      お手数ですが削除お願いします。
      おっちょこちょいで申し訳ありません。
      おはようございます。
      <>虚と実、匙加減は作者次第。<>
      これが、川上さんは上手いような気がします。
      • 雪芽さんへ
      • 2007/10/22 9:32 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      なんでもない日常のふとした事や、さまざまな恋愛の形を独自の雰囲気を装わせながら描かれた短編二十六編。 ほんの4,5ページの短い物語ばかりで構成され、どの編をとってもフワリとした読後感が残る作品ばかりだった。 読み終えれば忘れてしまうようなお話なのに、読
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/05/01 5:58 PM
      ハヅキさんのこと川上 弘美 / 講談社(2006/09/30)Amazonランキング:163675位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog ひとつひとつの話はとても短い。作者の川上さんが、ふっと手のひらに息を吹きかけて生まれた、吐息のような話ばか
      • コンパス・ローズ  compass rose
      • 2007/10/21 10:06 PM
      Presents角田 光代, 松尾 たいこ / 双葉社(2005/12)Amazonランキング:37901位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog このまま包装せずに、リボンだけかけてプレゼントというのもいいな、と思わせてくれる、優しい感じの可憐な装丁
      • コンパス・ローズ  compass rose
      • 2007/10/21 10:07 PM
      「原稿用紙3枚以上のエッセイは不得手」と語る著者が、いっそのことエッセイとも小説ともつかないものにしてしまえと書いた、ごく短い作品...
      • ぱんどらの本箱
      • 2008/03/11 9:55 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM