スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    古本道場  角田 光代 ,岡崎 武志

    • 2007.04.27 Friday
    • 21:47
    古本道場
    古本道場
    角田 光代,岡崎 武志
     07−117 ★★★☆☆
     【古本道場】 角田 光代,岡崎 武志 著  ポプラ社

     《古本屋を愛する人たちの指南書です》

     内容(「MARC」データベースより)
    古本道の師匠がくりだす、6つの指令。無事、古本道をきわめられるのか? 新直木賞作家による古本入門。ポプラ社のウェブマガジン『ポプラビーチ』連載に加筆訂正し、書き下ろしを加えて単行本化。


     神保町 ■みわ書房 □呂古書房 ■キントト文庫
     代官山・渋谷 ■ユトレヒト □ハックネット代官山店 ■フライング・ブックス
     東京駅・銀座 □八重洲古書館 ■R.S.Books □ブリヂストン美術館
    ■奥村書店4丁目店 □奥村書店3丁目店 ■閑々堂
     早稲田 □古書現世 ■五十嵐書店 □平野書店 ■三楽書店 □安藤書店
         ■文英堂書店
     青山・田園調布 ■田園りぶらりあ □古書日月堂
     西荻窪 ■興居島屋 □ハートランド ■音羽館
     鎌倉  □芸林荘 ■木犀堂 □鎌倉キネマ堂 ■游古洞 □四季書林
     神保町 ■東京古書会館

     角田さんが道場主・岡崎武志さんの指令を受けて、古本屋を巡ります。
     角田さんのエッセイと道場主・岡崎武志さんとの会話が楽しい。
     古本屋の雰囲気と古本の数々が紹介されている。
    角田さんが実際に買われる本に興味があります。
     古本屋には、なかなか入れないのですが、一度入れば居心地はいいですよ。

    私が住んでいる西荻窪もこの本に出てくる。
     西荻窪は、隣りの荻窪、吉祥寺より古本屋が多い。
     夜の神保町と言われているとか?

    この本の中で角田さんが買ったものを私も先月買ったものがあります。開高健【シブイ】だ。真っ黒い箱に入っている。あの黒田征太郎の挿画が入っている。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさんに影響を受けて、この本と「12歳」を図書館で借りました。
      読むのが楽しみだー!読了したらTBにきますね。じゃ。
      • しんちゃん
      • 2007/04/29 5:44 PM
      こんばんは、しんちゃん。
      この本も楽しいですよ。
      「12歳」を良いと思いますが、……。
      TB楽しみにしています。
      • しんちゃんへ
      • 2007/04/29 7:10 PM
      1日に2冊も申し訳ない。この本、面白かったです。でも自分のブログにも書きましたが、東京の古本屋なので気軽に行けないのがなー。なんて思いました。角田さんが買った本は同じく気になりました。作家の読書って気になりますよね。
      • しんちゃん
      • 2007/05/03 5:46 PM
      こんばんは、しんちゃん。
      そうか、東京、鎌倉ですもんね。
      角田ファンなら読みたくなりますね。
      • しんちゃんへ
      • 2007/05/03 10:23 PM
      モンガさん☆こんばんは
      岡崎さんのような的確な指南がいると、古本とすぐに仲良くなれそうですよね!
      ハタキを持ったおじさんがいるような古本屋さんへ行きたくなってしまいます。(#^.^#)
      • Roko
      • 2007/05/04 11:19 PM
      こんばんは、Rokoさん。
      <>岡崎さんのような的確な指南がいると、古本とすぐに仲良くなれそうですよね!<> 
      本当にそうですね、指南役がいれば、古本屋に入りやすいのですが、…。
      まずは、地元西荻窪の古本屋を征服しよう。
      • Rokoさんへ
      • 2007/05/05 1:29 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      古本道場角田 光代、岡崎 武志 他 (2005/04)ポプラ社 この商品の詳細を見る 小説家の角田光代が古本道を極めるために、岡崎武之進に弟子入り。 それには心得が必要だと師匠は説く。 其の一 古本屋では値段の目利きより、自分が好
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/05/03 5:37 PM
      古本道場posted with 簡単リンクくん at 2005.10.28 角
      • ついてる日記?
      • 2007/05/04 11:12 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM