スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    二十四時間  乃南 アサ 

    • 2007.04.23 Monday
    • 20:47
    二十四時間
    二十四時間
    乃南 アサ
     07−113 ★★★☆☆
     【二十四時間】 乃南 アサ 著  新潮社

     《あの頃の、あの時間、私は何を思って何もしていたのだろうか》

     内容(「BOOK」データベースより)
    小学生時代、深夜放送にチューニングしたまま微睡んだ耳が異形の者たちの会話を捉えた「午前零時」の恐怖。一人暮らしを始めたアパートの階上で繰り広げられた修羅場に否応なく想像が走る「午前二時」の興奮。二十四の時間帯それぞれに刻まれた痛切な人生のステージ。過ぎ去った記憶が不思議な二十四角形を描く初の連作短編集。


      「私には、小説でしか絶対に起こりえないような、
       24の不思議な体験があります」
    (帯文より)

     乃南さんの私小説だろうか、小学生からのあの頃、あの時間のことが書かれている。
     24の小説、24時間ごとに描かれている。0時から23時までの24のことが。
     子供の頃がなかなか良い、そういう時間、私は何を経験し、何を思っていたのか。
     
       「24時間帯、24の痛切な記憶。
         自身に取材した連作小説」
    (帯文より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM