スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    冥王星パーティ  平山 瑞穂

    • 2007.04.19 Thursday
    • 22:33
    冥王星パーティ
    冥王星パーティ
    平山 瑞穂
     07−109 ★★★☆☆
     【冥王星パーティ】 平山 瑞穂 著  新潮社

     《冥王星って、惑星からはずされたの、…》

     そこそこ美人。要領もいいし、頭だって悪くない。なのに、なんで私はいつも男の選択を間違っちゃうんだろう−。迷走する恋愛の果てに射しこむひとすじの光。透明に深く輝く青春小説。 (bk1 内容説明より)

     毎回作風が違う作品となっているが、最初の【ラス・マンチャス通信】を読んで2冊目だけど、どんどん読まされる感じは同じのような気がする。やっぱり巧いのだろう。

     女性間には、東野圭吾【殺人の門】を感じ、最後の終わり方には、豊島ミホ【エバグリーン】を感じたりで読んで楽しい。
     最後は、人生なんてこんなものだと考えると妙に納得しました。お互いの10年間を取り戻すことは無理なんだろう、ちょっと現実的だ。しかし、野村證券…違う、野原証券に入るとこんなに女性にもてるのだろうかと思ってしまった。
     全体を通して考えると男性作家の描き方な感じだ。
     平山瑞穂さんの作品も読む楽しみがあるようにも感じる。
      (読書日記より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:33
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      平山さん、私も好きで追いかけてます。

      確かに衛の劇的な変身には驚きましたよね。
      高校生の衛の痛々しかったこと…
      こんばんは、ななさん。
      平山さんの作品に妙に魅かれています。
      こんなに衛が変わるんでしょうか。
      祥子さんの気持ちになると複雑かな。
      • ななさんへ
      • 2007/04/22 10:09 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      冥王星パーティ 平山 瑞穂 そこそこ美人、真面目な都築翔子はどうも男の趣味がよくない。そんな翔子が高校生の時に初めて近づいた男の子桜川衛は10年後にネット上で猥褻画像を公開するサイト「shoko tsuzuki」を見つける。ここに出てるshoko
      • ナナメモ
      • 2007/04/22 9:09 PM
      もてる男の条件
      • もてる男
      • 2007/04/23 9:54 AM
      冥王星パーティposted with 簡単リンクくん at 2007. 5.25平山 瑞穂〔著〕新潮社 (2007.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
      • 今日何読んだ?どうだった??
      • 2007/06/03 9:43 PM
      冥王星パーティ 平山 瑞穂  新潮社 2007年3月 あからさまな卑猥画像を公開するサイト"syoko tsuzuki"は、桜川衛の知っているあの都築祥子なのか? 10年前、薬局を経営する父と二人暮らしの高校生の都築祥子は、友達榛菜の紹介で桜川衛に本
      • <花>の本と映画の感想
      • 2007/06/23 4:23 PM
      たまたまインターネットで知人女性の画像を見かけた「桜川衛(さくらがわ・まもる)」は、自分の目を疑った。 胸をはだけ下半身をあらわにした女は、衛が高校生のとき微妙な関係にあった「都築祥子」によく似ていたからだ。
      • ぱんどらの本箱
      • 2007/08/20 12:30 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM