スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    聖者は海に還る  山田 宗樹

    • 2006.04.23 Sunday
    • 20:00
    聖者は海に還る
    聖者は海に還る
    山田 宗樹
    88 ★★★☆☆
    【聖者は海に還る】 山田宗樹 著  幻冬舎

    《学校の保健室が舞台、僕は保健室には行かなかったなー》

     ■あらすじ
     中高一貫の進学校に勤務する養護教諭・梶山律。ある日彼女は、生徒が担任教師を射殺し自らも拳銃自殺した現場に遭遇してしまう。対応を迫られた学校側は、事件の再発防止と生徒の動揺を抑えるため、心の専門家を招聘した。若く有能なカウンセラーとして着任した比留間亮により、急速に平穏が拡がっていく学園。だがそれは教師と生徒が個を失っただけに過ぎなかった。一方、律との交流で比留間が個を見つめ始めた時、彼の中で眠っていたはずの邪心が目を醒ます……。「帯文よりより」


      カウンセリングの話だが、こういう物語がメインなのは初めてだ。
     物語りがカウンセリングを説明してくれるので分かりやすい感じにしてくれる。
     幼児事件が起きると他の幼児に与える悪影響が心配されて、必ずカウンセリングの重要性が出てくる。なるほどと思うがその反面、カウンセリングにも危険性も含んでいるのだ。
     恋愛を絡めて一気読みさせてくれる本だった。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM