スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    いなかのせんきょ  藤谷 治

    • 2007.04.09 Monday
    • 21:23
    いなかのせんきょ
    いなかのせんきょ
    藤谷 治 
     07−99 ★★★☆☆
     【いなかのせんきょ】 藤谷 治 著  祥伝社

     《日本の清く正しき選挙とは、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    四方を深い山々にかこまれた鍵田原郡戸蔭村―。莫大な借金を残し引責辞任した前村長の後を受けまして、村議・深沢清春は助役・平山忠則に村の建て直しを請われます。村長におさまった清春の改革によって、戸蔭村は平和な村になりましたとさ…と参るわけがございません。なんと清春を推した平山が対立候補として出馬!おまけに土建屋、材木屋、村会議長―村中の有力者が推薦人にずらり。ここに戸蔭村、数十年ぶりの選挙戦が勃発したわけでございます。人も足りない、金もない。あるのは村への想いだけ。ないない尽くしの深沢清春、家族を頼りに打って出た、一世一代の大勝負の行方や如何に!?全国1億の有権者に贈る、これぞ日本の清く正しき選挙小説。


     現代、どこの自治体でも莫大な借金を背負っています。
     どうしてだろうか、どこの自治体でもやって来たのを真似ただけなのに。
     それにしても、どこかおかしい気がする。急にこうなったわけではないのに。
     今まで、ずっと税収が右肩あがりになると考えていたのはずだが、それはもうとっくに終わってしまっている。

     この本を読むと選挙のこと、自治体の原点がちょっとわかります。
     村長、町長、市長など、やはり市民レベルの目を持つことが大事ではないのでしょうか。
     田舎・村の選挙は、この本に書かれているのに大いに似てます。あと、血縁何かもあります、だから結婚なども選挙に関わったりします。
     藤谷さんは、この本では講談調です、いろんなことにチャレンジしているようです。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:23
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM