スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    あたしの一生―猫のダルシーの物語  江國 香織 訳 

    • 2007.04.03 Tuesday
    • 22:22
    あたしの一生―猫のダルシーの物語
    あたしの一生―猫のダルシーの物語
    ディー レディー
     07−92 ★★★☆☆
     【あたしの一生―猫のダルシーの物語】 ディー レディー 著 江國 香織 訳    飛鳥新社

     《猫の気持ちになって書かれた本です》

     内容(「MARC」データベースより)
    人間と暮らした一匹の猫が、頭と体と心だけを使って猫の生涯をまっとうしようとする自分とその周囲を、一人称で描写していく。動物と暮らすことが醸し出す、ストレートで、強く、正確で、濃密な愛の物語。


     一匹の猫の一生を描いた物語です。
     猫の感情とか、気持ちが分かった人でないと書けない本です。
     猫と人間、猫と猫、いろんなことが起こります。
     猫の世界も大変だな、と思ってしまいました。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM