スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    きみの友だち  重松 清

    • 2007.03.31 Saturday
    • 20:32
    きみの友だち
    きみの友だち
    重松 清
     07−89 ★★★★★
     【きみの友だち】 重松 清 著  新潮社

     《友だちって何だろうか、きっと『もこもこ雲の』の向こうに、》

     内容(「MARC」データベースより)
    友だち? 他人だよ、そんなの。でも特別な他人、大切な他人。嬉しいこと、つらいことがいっぱいあったから「友だち」の意味がわかった-。痛みや喪失を乗りこえ、少女たち、少年たちはやがて…。『小説新潮』掲載に加筆。


     連作短篇集。
    「あいあい傘」「ねじりの位置」「ふらふら」「ぐりこ」「にゃんこの目」「別れの曲」
    「千羽鶴」「かげふみ」「花いちもんめ」「きもの友だち」

       友だち? 他人だよ、そんなの。
       でも――特別の他人。
       うっとうしくて、面倒くさくて、ややこしくて。
       だから――大切な他人。
    (帯文より)

      「西村さんは、友だち、たくさん欲しいひとでしょ」
     きみが答える前に、恵美ちゃんは「わたしは違う」と言った。
     「いなくなっても一生忘れない友だちが、一人、いればいい」

          「一生忘れたくないから、
           たくさん思い出、ほしい」
     (本文より) (帯文より)

     やっぱり、良い、重松作品は、良い。
     読んでいて、ずっしりとしたものが入ってきますが、心の奥底に響いてきます。
     あの頃、こんなことがあった、あんなことがあった、そのときにいた友の顔を思い出します。あの頃の懐かしい友の顔を思い浮かべて微笑むことが出来たら、ひょっとして良い人生を歩いている人かも知れません。何か、この本を読むとそんな気がしました。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      私はこれで重松作品大好きになったんですけど、いっぱい泣きました。特に一番最後の章では。たくさんの「きみ」が出てきて、どこにもそこかしこに遠い自分がいて、こうだったな、ああだったな、と。あの頃、もう少し自分たちのことを客観的に見れていたら、あんな小さなことで悩まなくてもよかっただろうな、とそんな発見が嬉しかったり。去年のナンバー1です。
      • じゃじゃまま
      • 2007/04/01 9:15 AM
      こんにちは、じゃじゃままさん。
      うーん、やっぱり良い本ですね。
      去年のナンバー1ですか、わかります。
      私も今年初めての5つ★でした。
      ブログの作家欄を気が付いて見たら、重松作品の20冊目でした。
      あの頃、あの時代を思い浮かべる作品が多いですね。


      • じゃじゃままさんへ
      • 2007/04/01 10:26 AM
      モンガさんがこの作品を絶賛されていたので、私も思わず重松作品を借りてきてしまいました。
      この作品も泣かされましたよね。

      気がつけば、重松さんは30冊も読んでいました(笑)
      • ゆう
      • 2007/04/01 8:15 PM
      人の死を扱っているものは苦手なんですけど、
      (それだけで泣けてしまうので・・)
      重松さんの作品は、ずしりと心に響いてくるので
      それでも読んでよかったと思えます。
      この作品は重松さんの作品の中で一番好きです。
      • june
      • 2007/04/01 9:25 PM
      モンガさん こんばんは。はじめまして。
      いつも楽しくブログ拝見しております。私もこの作品大好きです。
      ポロポロ涙がとまらなくて、胸が熱くなりました。
      • naru
      • 2007/04/01 9:39 PM
      モンガさん、こんばんは!
      引用されている文章を読むと、
      読んだときの気持ちを思い出すことができました。
      自分の小中学生時代を思い返し、
      自分と友だちの関係を振り返ってしまいますね。
      一生忘れられない友だち、そんな友だちが欲しいと思うし、
      また自分が友だちにとって、そんな存在になれたら素敵ですよね。
      こんばんは、ゆうさん。
      やっぱり、今度も完敗でした。
      やっぱり重松さんは、巧いですよ。
      • ゆうさんへ
      • 2007/04/02 12:32 AM
      こんばんは、juneさん。
      《》人の死を扱っているものは苦手なんですけど《》
      重松作品を敬遠する人は多いですが、私は普通に心に入って来てしまいます。
      あの頃、あの時代に感じたことが一杯思い浮かべることが多いような気がします。やっぱり、良いですよ。
      • Juneさんへ
      • 2007/04/02 12:37 AM
      こんばんは、naruさん。
      初めまして、…。
      TB・コメントありがとうございます。
      重松作品は、好きです。この本も良かったです。
      ラスト2章は、涙、涙でした。
      今後共、よろしくお願いします。
      • naruさんへ
      • 2007/04/02 12:42 AM
      こんばんは、エビノートさん。
      友だちって何か、考えさせられます。
      たくさんの友たちより、心に残る友を。
      やっぱり、良かったです。
      • エビノートさんへ
      • 2007/04/02 12:44 AM
      TBが遅れまして申し訳ありません。しばらくバタバタしてブログを休んでおりましたが、復活したいと思いますので、よろしくお願いします。
      「友達100人できるかな」なんて歌がありますが、友達はそんなにたくさんじゃなくて、いい。心をゆっくり繋ぐことが大切だと私も思います。重松さんのメッセージは、いつも優しいですね。
      • ERI
      • 2007/04/03 9:19 PM
      こんばんは、ERIさん。
      復活です!良かった。
      考えますね、心から話せる友を持ちたい。
      <>重松さんのメッセージは、いつも優しいですね。 <>
      本当に、私も思います。
      • ERIさんへ
      • 2007/04/04 12:03 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      何度も読んだ。何度も泣いた。 初めて重松作品を読んだけど、大好きになりそう。 私の好みとして、女性作家には辛辣さを、男性作家には温かさを求めるらしい。山本幸久氏の「幸福ロケット」と同位置で、本棚に並べたい作品。 たくさんの「きみ」が出てくる。 「あいあ
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2007/04/01 9:12 AM
      不慮の事故に合い、松葉杖が手放せなくなってしまった少女を主人公に、周りの友だちや家族、そしてたった一人の親友との関係をリアルに描く連作10編。 子供の中に存在する「ともだち」との見えない絆が、時として歪み、そして時としてその人の一生をも左右する強い繋
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/04/01 8:13 PM
      きみの友だち 重松さんの作品って、ベタだなぁ・・と思いつつも泣けてしまって、読んだ後「あぁよかった」と何故か思ってしまうのです。これもそうでした。泣いてしまったのはやっぱり死にまつわるところだったのだけれど、これは死とその悲しみを描いて泣かそうとし
      • 本のある生活
      • 2007/04/01 9:23 PM
      衝突や痛みや喪失を乗りこえて輝く「友だちという関係」を描く最高傑作。
      • 待ち合わせは本屋さんで
      • 2007/04/01 9:36 PM
      2005年に読んだ本です。 題名のとおり、友だちがテーマになってます。 泣かされました。 きみの友だち 嬉しいこと、つらいことがいっぱいあったから、「友だち」の意味がわかった。 ――痛みや喪失を乗りこえ、少年たち、少女たちはやがて…。 珠玉の長編小説
      • まったり読書日記
      • 2007/04/01 11:36 PM
      装画・挿画は木内達朗。装幀は新潮社装幀室。 1991年「ビフォア・ラン」でデビュー。99年「ナイフ」で坪田譲治文学賞、「エイジ」で山本周五郎賞を受賞。2001年「ビタミンF」で直木賞受賞。主な作品「日曜日の夕
      • 粋な提案
      • 2007/04/02 12:57 AM
      きみの友だち 重松 清 4年生の時に不慮の事故で松葉杖生活になってしまった恵美。彼女の同級生、弟などにスポットを当てながら「友だち」について語る。 随分長い事待ちました。半年以上だったと思います。重松さんの中年の物語はちょっと苦手な私。この本は
      • ナナメモ
      • 2007/04/02 9:19 PM
      重松清。。。これで3冊目だ。だけどハズレが無い。読んでいる者に語りかける文章が結構胸に刺さる。
      • 脳内TraP
      • 2007/04/03 12:06 AM
      重松清さんと私は同じ学年なんだな。 したがって、育ってきた時代背景が同じ、ということで 作品を読んでも妙に親近感が漂います。 もう、重松クン、最近たくさん本書いてるじゃん、頑張ってるよなあ、 なんてつい肩たたきそうになりますわ。(本人が読んだら怒るか
      • おいしい本箱Diary
      • 2007/04/03 9:14 PM
      【たくさんの微笑ましいお話】 またしてもヤたれた。 重松さんの作品に・・・。 とてもとても微笑ましいたくさんのお話に・・・。 自分の幼い頃を思い浮かべても小学校時代なんて、陰湿ないじめなんてものはほとんど存在しなかった・・・と思う。 みんなの
      • 雑板屋
      • 2007/04/04 2:59 AM
      きみの友だち重松 清 'きみ'(篇ごとに主人公が異なる)が'教室は戦争'の世界で体験したドラマが全部で10篇。時間を行き来しながら8人の'きみ'たちが成長していく。最後の二篇では涙で目がかすみ、ページをめくるのに困るほどだっ
      • ずっと覚えておきたいもの
      • 2007/09/08 5:50 PM
      友だち? 他人だよ、そんなの。でも特別な他人、大切な他人。嬉しいこと、つらいこと...
      • 本を読もう2
      • 2007/10/16 9:43 AM
      「きみの友だち」の舞台挨拶試写会に明治安田生命ホールに行って来ました。 登場したのは、廣木降一監督、石橋杏奈、北浦愛、吉高由里子、福士誠治、柄本時生、華恵、一青窈の8人。 廣木降一監督「どこにでもいる10代の男の子、女の子の恋愛だったり別れだったりを描
      • アートの片隅で
      • 2008/07/21 10:55 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM