スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    失われた町  三崎 亜記

    • 2007.03.25 Sunday
    • 20:54
    失われた町
    失われた町
    三崎 亜記
     07−83 ★★★☆☆
     【失われた町】 三崎 亜記 著  集英社  直木賞候補作

     《町の消滅で、人はそのときに……》

     内容(「BOOK」データベースより)
    30年に一度起こる町の「消滅」。忽然と「失われる」住民たち。喪失を抱えて「日常」を生きる残された人々の悲しみ、そして願いとは。大切な誰かを失った者。帰るべき場所を失った者。「消滅」によって人生を狂わされた人々が、運命に導かれるように「失われた町」月ケ瀬に集う。消滅を食い止めることはできるのか?悲しみを乗り越えることはできるのか?時を超えた人と人のつながりを描く、最新長編900枚。


     この作品で直木賞候補作全部読んだことになる。今回は、受賞作はなかったのだが、私自身初めて全作8作品を読んだ。読んでみて思ったことは、それぞれ良かったことだ。甲乙つけ辛い感じだ。本経過の審査を読んで見ると、【空飛ぶタイヤ】とこの作品を推す人が多かったようだ。

     ウーン、こういう作品は、難しい。
     町の消滅のイメージが浮かんで来ないのだ。
     町の消滅であっても、人だ、人の話なのだ。


     「理由も無く失われる命も、この理不尽な世界には存在するんだよ」
     「その瞬間まで為すべき事をして生き続けます。望みは、きっと誰かが繋げてくれると思っています」
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:54
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      失われた町三崎 亜記 / 集英社(2006/11)Amazonランキング:10286位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 道行く人の姿が点在し、ありふれた生活の営みで、穏やかに日々過ぎていく町の風景。のどかと見える表紙から受けた印象とは違
      • コンパス・ローズ  compass rose
      • 2007/10/21 10:11 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM