スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    どれくらいの愛情  白石 一文

    • 2007.03.09 Friday
    • 23:35
    どれくらいの愛情
    どれくらいの愛情
    白石 一文
     07−67 ★★★★☆
     【どれくらいの愛情】 白石 一文 著  文藝春秋  直木賞候補作

     《愛しあうということは、どういうことなのか》

     内容(「MARC」データベースより)
    HOW DEEP IS YOUR LOVE? 離れていても、愛し合えるのか。現実よりもリアルで、映画よりも素敵な恋の物語を4話収録。『小説宝石』『オール読物』掲載作品に、書き下ろしの表題作を加えて単行本化。


    「20年後の私へ」
     「たとえ真実を知っても彼は」
     「ダーウィンの法則」
     「どれくらいの愛情」   4編

     ――目に見えるものの不確かさの中に見えないものの確かさが隠され、目に見えないものの不確かさによって、目に見えるものの確かさが保証される。  (あとがきより)

     白石さんの中に流れるテーマがはっきりしているようだが、物語は以前との比較では普通っぽくなって来ているように感じてしまうが、読んでいて読む楽しさはまだあったので良かった。
     愛情とは、運命とかに左右されているのだろうか。結婚、相手の器、生まれの経歴などなど、やっぱり目に見えないものがどんよりと圧し掛かって入るのかもしれない。それを振り払うだけのエネルギーがあれば良いが、それをどこまで続けられるか。
     愛情、結婚とは、何なのか、結果ではなく、築いていく心ではないのだろか。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん、こんばんは
      白石さんの作品では哲学的な部分が光っているんですね〜
      私は以前の作品を読んでいなかったので、あとがきにかなり面食らってしまいました(^_^;)
      モンガさんの白石作品の感想を読ませていただくと、『私という運命について』という作品に心惹かれます。
      女性が主人公でもあり、手紙を軸に物語が進んでゆくって良いですね〜
      こんばんは、エビノートさん。
      白石さんの最初の作品『一瞬の光』には、一杯哲学的なことが出てきますよ。一般的にどのブログでも女性には好まれていないようです。
      • エビノートさんへ
      • 2007/03/09 11:44 PM
      こんにちは。モンガさん。
      仰せのとおり、あまりこの作品は好みではありませんでした。
      男性にはうけてるみたいですねぇ。

      男女の脳の違いなんでしょうか。この感覚のズレは?
      興味ぶかいですね。
      • ゆう
      • 2007/03/12 3:08 PM
      こんばんは、ゆうさん。
      やっぱり、合わなかったですか。
      女性の人には、受けないですね。
      • ゆうさんへ
      • 2007/03/12 9:48 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      どれくらいの愛情白石 一文 文藝春秋 2006-11売り上げランキング : 25263おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ HOW DEEP IS YOUR LOVE? 離れていても、愛し合えるのか。 現実よりもリアルで、映画よりも素敵な恋の物語を4話収録。 『小説宝石』
      • まったり読書日記
      • 2007/03/09 9:41 PM
      主に福岡を舞台として、男女の切ない恋愛を描く4編。 どの編をとっても、男女間の愛情や人間としての生き様について、強いメッセージ性が感じられ、惹かれるものや、はっとさせられる件がいくつかあった。 しかし、陳腐な展開と自己中心的な男性の存在、薀蓄を並べた
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/03/12 3:07 PM
      あいかわらずの名言… 心に、響きます… 離れていても、愛し合えるのか。現実よりもリアルで、映画よりも素敵な恋の物語を4話収録。 ・20年後の私へ ・たとえ真実を知っても彼は ・ダーウィンの法則 ・どれくらいの愛情 《人間は誰かに幸せにして貰うことも、
      • じゅずじの旦那
      • 2007/05/03 3:39 PM
       【愛情を注いで注がれて・・・】 白石氏の小説は自ら好んでよく読む。 中編・長編を交えての4編を集めた本書「どれくらいの愛情」 どの話も何か胸にツンとくるものがあって、素直な気持ちになれた。 ・20年後の私へ ・たとえ真実を知っても彼は ・ダー
      • 雑板屋
      • 2007/05/08 8:24 PM
      読書期間:2007/6/15〜2007/6/16 HOW DEEP IS YOUR LOVE? 離れていても、愛し合えるのか。現実よりもリアルで、映画よりも素敵な恋の物語を4話収録。『小説宝石』『オール読物』掲載作品に、書き下ろしの表題作を加えて単行本化。
      • hibidoku〜日々、読書〜
      • 2007/06/16 9:39 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM