スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    川の深さは  福井 晴敏

    • 2006.04.27 Thursday
    • 19:55
    川の深さは
    川の深さは
    福井 晴敏

    92 ★★★☆☆
    【川の深さは】 福井晴敏 著  講談社

    《スケールが大きくても、そこには愛があるのだ》

     命をかけて守るべき人が君にはいるだろうか。

    「彼女を守る。それがおれの任務だ」傷だらけで、追手から逃げ延びてきた少年。彼の中に忘れていた熱いたぎりを見た元警官は、少年を匿(かくま)い、底なしの川に引き込まれてゆく。やがて浮かび上がる敵の正体。風化しかけた地下鉄テロ事件の真相が教える、この国の暗部とは。 出版界の話題を独占した必涙の処女作。「Bookデータベースより」


     福井作品を何回か、読んでみたが入り口付近で挫折してしまった。今回は、かろうじて最後まで辿りついた。福井作品の処女作だ。自ら体験した警備員を主人公にしている。ハリウッド作品になりそうな物語だが、そこには底知れない情愛も描かれている。川の深さ、川の深さはと問いかけてみるのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM