スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    あかんべえ  宮部 みゆき

    • 2007.02.27 Tuesday
    • 21:27
    あかんべえ
    あかんべえ
    宮部 みゆき
     07−57 ★★★☆☆
     【あかんべえ】 宮部 みゆき 著  PHP研究所

     《人間、死に方が大事なのか》

     出版社/著者からの内容紹介より
    おりんの両親が開いた料理屋「ふね屋」の宴席に、どこからともなく抜き身の刀が現れた。成仏できずに「ふね屋」にいるお化け・おどろ髪の仕業だった。しかし、客たちに見えたのは暴れる刀だけ。お化けの姿を見ることができたのは、おりん一人。騒動の噂は深川一帯を駆け巡る。しかし、これでは終わらなかった。お化けはおどろ髪だけではなかったのである。
     なぜ「ふね屋」には、もののけたちが集うのか。なぜおりんにはお化けが見えるのか。調べていくうちに、30年前の恐ろしい事件が浮かび上がり……。死霊を見てしまう人間の心の闇に鋭く迫りつつ、物語は感動のクライマックスへ。怖くて、面白くて、可愛い物語のラスト100ページは、涙なくして語れない。
     オーソドックスな時代小説を思わせる始まりだが、物語はミステリーに、ファンタジーへと変化する。ストーリー・テラー宮部みゆきが、その技を遺憾なく発揮した、最高の時代サスペンス・ファンタジー!


     この本を読んで、最初に感じたこと、人間は死に方によっては成仏出来なくて彷徨い続けなくてはならないということだ。あわれな死は現代に甦ってくる、それは復讐とかでなく、心の闇を解きほぐすためだろうか。

     12歳・おりんが幽霊達とふね屋で起こる騒動に立ち向かう物語。
    最初の導入でおりんが高熱を出して、三途の川原が登場してくる。この登場の仕方が、そのあとのストーリーを無理なく、読まさせられるのだ。やっぱり、巧いです。
     幽霊たちのキャラがなんとも楽しい、個性的で魅力的なのだ。

     時代小説の楽しさ、ホラーとしての怖さ、ミステリーとしての謎解きの面白さ、ファンタジーとしてのトキメキ、この本には、読書のワクワク感が一杯詰まっていました。
     

     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      「あかんべえ」は、私の時代物宮部作品デビューでした。
      なんて面白いんだろう!と感激して、以来宮部さんの時代物も読むようになったんです。現代ものよりも時代ものの方がワクワクします。

      モンガさんって男性だったんですね。なぜだか分かりませんがずっと女性だと思っていました。(^^ゞ
      • じゃじゃまま
      • 2007/02/28 10:43 PM
      こんばんは、じゃじゃままさん。
      宮部さんは、やっぱり巧いです。
      引き込まれてしまいます。

      女性?それは、どうしてかなー。
      内緒で言うと兄弟5人で男ひとりです。
      この辺が、なにかを?。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2007/02/28 10:58 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      江戸・深川の料理屋「ふね屋」をめぐる悪しき因縁に、十二歳の娘おりんが挑む。人情とミステリーとファンタジーをあわせた、宮部みゆきお得意の時代長篇小説。 でも前にもこんな作品あったよね。いたいけで聡(さと)い子供
      • ぱんどら日記
      • 2007/02/28 10:35 AM
      あかんべえ(宮部 みゆき) 「大っ嫌いなおりん、おまえは生きてるんだから!」 生き生きとリアルな登場人物に手をひかれ、またまたあっという間に読んでしまいました。笑いも涙も恐いところもあるけれど、好きな作品です。 内容(「BOOK」データベースより)
      • 駒吉の日記
      • 2007/03/12 5:59 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM