スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    5   佐藤 正午

    • 2007.02.22 Thursday
    • 22:32
    5
    5
    佐藤 正午
     07−52 ★★★☆☆
     【5】 佐藤 正午 著  角川書店

     《久しぶりに佐藤正午さんの作品を堪能しました》

     出版社/著者からの内容紹介より
    『ジャンプ』から七年。著者会心の最高傑作。
    結婚八年目の記念日にもらったチケットでバリ島に訪れた中夫婦。倦怠期を迎えた二人だったが、ある出来事をきっかけに、愛の記憶を取り戻す事になるが・・・。


     読んでいて、昔読んでいた感覚に戻ってきて嬉しくなりました。佐藤正午さんの本は、好みです。その新刊だから、どんな作品かと思いましたが男女間の恋愛の駆け引きは健在でした。主人公・作家がこの作品では、二子玉川です。いつも佐藤さんが住んでいる長崎の佐世保だったような気がします。二子玉川とは、随分ハイカラな街です。
     題名の【5】は、男・手と女・手を重ねると、なんと超能力で、……。


     私が何回目かの読書にハマッタ作品は、村上春樹さんの【ねじまき鳥クロニクル】ですが、そのあとにと聞かれると、『恋は人を壊す。』で始まる山本文緒さんの【恋愛中毒】と佐藤正午さんの【ジャンプ】の2作品が印象に残ります。
     【恋愛中毒】、この作品には、読んでいてグイグイと引き込まれて圧倒されます。
     【ジャンプ】、この作品は、読んでいて本当に小説の楽しさがあります。

     今回の作品も楽しいです、読んで楽しい、小説ってこんな楽しいのか、とそんな作品でした。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      あの東京の情景は、全部取材で書かれたんだそうですね!すごい…と思ってしまいました。私はあれを読んでる間、ずっと佐藤さんは東京の方だとばかり…。

      モンガさんがここであげていらっしゃる作品は、私も全部とてもスキです。佐藤さんのは未読が多いので、これを機にまた読んでみたいな!と思います。
      こんばんは、chiekoaさん。
      《》あの東京の情景は、全部取材で書かれたんだそうですね《》
      いつも、地元佐世保が舞台になっているのが多いような気がしました。
      ここに上げている作品が好きだと聞いて嬉しいかぎりです。
      • chiekoaさんへ
      • 2007/03/16 12:32 AM
      初めて佐藤さんの作品を読んだのですが、
      おもしろかったです。
      「ジャンプ」も読んでみようかと思います。
      • june
      • 2007/07/01 9:34 PM
      こんばんは、juneさん。
      《》初めて佐藤さんの作品を読んだのですが《》
      佐藤さんは、恋愛の書き手として話題になった作家だったと思います。
      「ジャンプ」も巧い小説ですよ。
      • juneさんへ
      • 2007/07/02 12:33 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      5佐藤 正午 角川書店 2007-01 倦怠期真っ只中といった感の中志郎と真知子。結婚八年目の記念日にもらったチケットで、いやいなやながらバリ島に旅行した彼に起こった予期せぬ出来事とは…。 佐藤さんの本は、『ジャンプ』と『Y』は読んだ記憶があり、『個人授業』
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2007/03/15 12:34 PM
      佐藤正午の「5(ご)」(角川書店)を読みました。黒い表紙に大きくただ「5」とだけ書いてあり、帯には「佐藤正午、7年ぶりの新作長編、著者会心の最高傑作」とあります。507ページの長編です。 佐藤正午は1955年に長崎県佐世保市生まれ、現在も佐世保に居を定めて
      • とんとん・にっき
      • 2007/04/03 9:30 PM
      5 新刊本のコーナーにあったインパクトのある表紙にひかれて、初めて佐藤正午さんの作品を読んでみました。倦怠期にある中志郎、真智子夫婦の話かと思いきや、語り手は過去に2度の筆禍事件を起こしている小説家の津田となります。彼の恋人や出会い系で知り合った
      • 本のある生活
      • 2007/07/01 9:34 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM