スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    THE ANSWER  鈴木 剛介

    • 2007.02.14 Wednesday
    • 18:51
    THE ANSWER
    THE ANSWER
    鈴木 剛介
     07−46 ★★★☆☆
     【THE ANSWER】 鈴木 剛介 著  角川書店

     《哲学が身近に思える1冊なのだ》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    2002年の自費出版以降、新聞記者、哲学者、主婦、高校生、分子生物学者などさまざまな読者から反響が届いている哲学小説、遂にメジャーデビュー!これは世界が初めて目撃する知的エンターテイメントだ!!


     先頃読んだこの作家の「自殺同盟軍」が、何か新鮮で読者に訴える感じで、もう一編を読んでみたかったのだ。読んでいて、妙に迫ってくるものがあるからです。

     この本は、「空前の哲学エンタテイメント小説!」と帯文に書いてある通りで、哲学と小説が合体したものです。哲学の部分が多いのかも知れませんが、読んでいてすんなりとページが進んでいきます。哲学たるものを知っている訳ではありませんが、何とはなしに読み進めていけます。哲学と言う観念で読むと、どうだかわかりませんが、読んでいて心・頭が新たになってくるのです。モノの見方が変わってきます、というより変化した考え方もあるじゃないか、とそんな風になってしまいます。何故、読者に迫ってくるかと言うと作家自身が一生懸命に書いたというのが文章に出ているからなんでしょうか。

     帯文の「世界中のすべての問いを解決できる答えがあるのか?」と出ていますが、その答えは読んでみて、読者がどう受け取るかで決まるでしょう。


     中とじにある3篇のうちの1篇
      大事なのは、
      他人の頭で考えられた
      大きなことより、
      自分の頭で考えた
      小さなことだ

     スプートニクの恋人/村上春樹

      

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM