スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    押入れのちよ  荻原 浩

    • 2007.02.08 Thursday
    • 22:24
    押入れのちよ
    押入れのちよ
    荻原 浩
     07−39 ★★☆☆☆
     【押入れのちよ】 荻原 浩 著  新潮社

     《「押入れのちよ」カバーの表紙の絵のとおりの物語です》
     
     内容(「MARC」データベースより)
    今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…。幽霊とサラリーマンの奇妙な同居を描いた表題作ほか、「木下闇」「殺意のレシピ」「介護の鬼」など全9話を収録した、ぞくりと切ない傑作短編集。


     「お母さまのロシアのスープ」「コール」「押入れのちよ」「老猫」「殺意のレシピ」
    「介護の鬼」「予期せぬ訪問者」「木下闇」「しんちゃんの自転車」 9篇

     怖いのに、切ない。
     笑えるけど、哀しい。
      15年前のかくれんぼから、姿を消してしまった妹の運命を垣間みる夜(「木下闇」)、不毛な結婚生活に終止符を打つため、殺人計画を実行する夫婦が過ごす夜(「殺意のレシピ」)、愛らしく不憫な幽霊と失業中サラリーマンが、奇妙な同居生活をはじめる夜(「押入れのちよ」)――。 心を震わせる荻原印の傑作短篇集。
    (帯文より)

     ブラック・暗いなー。
     笑う前に、何か哀しくなってしまう作品ばかりだった。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:24
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん、こんばんは。
      ブラックでしたねー。
      TBさせてもらったのでよかったら見に来てください♪
      こんばんは、sonatineさん。
      何か、期待し過ぎなのか、笑うまえに
      哀しくなってしまいました。
      • sonatineさんへ
      • 2007/02/13 12:34 AM
      笑うのはドタバタのあたりなんでしょうか・・。
      ブラックというだけでなくてなんだか気持ち悪いというか、
      笑うことができませんでした。
      ほんと、どこか哀しい話ばかりでした。
      • june
      • 2007/03/10 11:52 PM
      こんばんは、juneさん。
      読んでいる時には、面白かったんですが。
      何か、哀しい話ばかりでした。
      • juneさんへ
      • 2007/03/11 12:26 AM
      私は荻原作品2作目なのですが、先に「千年樹」を読んでしまったため、衝撃が少なかったです。「介護の鬼」と「老猫」は気分悪くなりました。
      「木下闇」が中ではよかった、というのは語弊がありますが、印象に残りました。
      • じゃじゃまま
      • 2008/01/19 9:45 PM
      この作家の作品は、2冊目ですか。
      これは、ちょっと?と思いました。
      【神様からのひと言】ユーモアがあって面白い。
      【明日の記憶】なんか、良い作品でした。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2008/01/22 8:52 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      押入れのちよ荻原 浩 新潮社 2006-05-19売り上げランキング : 5229おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools <評価> 面白かった <ストーリー> 今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…
      • 寝ていられるのになぜ起きる?
      • 2007/02/12 11:47 PM
      押入れのちよ 他の方のブログでこの表紙を見るたびに気になっていました。構図的にはかわいいはずなんですが、なんだか怖いのです。大好きな内田善美さんの「草迷宮」を思い出してしまったからでしょうか。ノスタルジックホラーかなと思って手にとったのですが、9つ
      • 本のある生活
      • 2007/03/10 11:50 PM
      日常に潜む恐怖あり。 おとぎ話のような恐怖あり。 恐怖の中に笑いあり、切なさあり。 乙一の作品ほど、ホラーホラーしてないけれど、 そこはかとなく漂う、恐怖。 でも、怖いだけじゃなくて、どこか物悲しい。 恐怖に直結する「死」は「喪失」が、 いつも悲
      • *モナミ*
      • 2007/06/10 10:11 AM
      ホラーっぽいと聞いてたので、怖々読んでみました。でも、荻原氏の「千年樹」を先に読んでしまったので、免疫が出来てたせいか物足りなさまで感じてしまった。 いや~、「千年樹」の怖かったこと。あの装丁見てると、なにかいけないものを見つけてしまいそうな、稚児衣装
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2008/01/19 9:42 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM