スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    東京日記 卵一個ぶんのお祝い。  川上 弘美

    • 2007.01.21 Sunday
    • 23:08
    東京日記 卵一個ぶんのお祝い。
    東京日記 卵一個ぶんのお祝い。
    門馬 則雄,川上 弘美
     07−20 ★★★☆☆
     【東京日記 卵一個ぶんのお祝い。】 川上 弘美 著 門馬 則雄 絵  平凡社

     《読んでいて、うきうきさせる何かがあります》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    「本書は、本当日記です。少なくとも、五分の四くらいは、ほんとうです。ふつうに生活していても、けっこう妙なことが起こるものだなあと、読み返しながら、なつかしく思い出しました。」(あとがきより)
    本書は、川上弘美さんが、雑誌『東京人』にて連載中の『東京日記』の単行本化です(2001年6月号~2004年5月号分を収録。続編も予定)。
    著者ならではの、エッセイとも小説ともつかない、おかしみとシュールさの入り混じった世界が広がる本書は、川上的世界のエッセンスがたっぷりつまった、ファンの期待にこたえる一冊です。


     おおむね楽しい、 
     ちょっぴりさみしい。
     からだ半分、ずれている。
     カワカミさんの、
     5分の4はホントの、
     日々のアレコレ。 
     (帯文より)

     本式の散歩とは、
     1 行く先を決めない。
     2 お金は五百円以内しか持たない。
     3 サンダルではなく運動靴をはく(やわらかい革靴も可)。
     4 途中でさみしくなりそうな日には出かけない。
     5 犬や猫やニワトリは連れてゆかない。
     (本文より)


     川上さんの言葉つかいが妙であるが、その妙なところが気にいってしまった。
     3年分の日記をもとめたものであるから、川上さんそのままが満載?なのだ。


     八月某日  曇
     中央線に乗っていたら、隣に立っているおばあさんから、「体格がいいねえ」と話しかけられる。はあ、と曖昧に答えると、おばあさんは「そんなに体格がいいから、おこさんを五人も生んだのね」と続ける。五人も子供を生んだ覚えはなかったが、おばあさんがあんまり確信に満ちていてにこにこしているので、だんだん自信がなくなってくる。
           (本文より)


     こんな、川上さんが一杯です。
     ページごとにまだらに載っている絵も楽しい。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      おはようございます。モンガさん。
      もう、無茶苦茶愉しめた作品でした。

      ずーっと読んでいたい気がしました。
      川上さん、最高です!!
      • ゆう
      • 2007/03/06 11:30 AM
      こんばんは、ゆうさん。
      何か、いいなーと思わせる本でした。
      文章も読んで楽しいですね。
      • ゆうさんへ
      • 2007/03/07 12:48 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      日々におこった妙な事を、少しだけ嘘を交えながら綴った日記風エッセイ。 ほんわかとした独自の文体で短い日記が綴られ、くすっと笑える出来事や川上さんなりの考えが織り込まれていて、読んでいて愛しくてたまらなくなるような日記だった。 短いながらにもきちんとし
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/03/06 11:29 AM
      雑誌『東京人』で2001年5月号から2004年4月号に掲載された3年分の日記をまとめた本。 東京日記 卵一個ぶんのお祝い。門馬 則雄、川上 弘美 他 (2005/09)平凡社 この商品の詳細を見る ...
      • ぱんどらの本箱
      • 2007/10/09 11:17 AM
      東京日記 卵一個ぶんのお祝い。 出版社: 平凡社 (2005/09) ISBN-10: 4582832822 評価:75点 「東京人」という雑誌に連載されていた日記を3年分収めたもの。 3年分と言っても、1回の文章は短いので、読んでいると春夏秋冬が瞬く間に過ぎていってしまう。 40過
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2008/01/23 10:28 PM
      東京日記 卵一個ぶんのお祝い。 この本はかみさまの贈り物のゆうさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 苦手な順番。 超短編>エッセイ>短編>超長編>長編 で、エッセイなんですが、ゆうさんに「おもしろい」「川上さんの
      • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
      • 2008/03/09 10:53 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM