スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。  角田 光代

    • 2007.01.12 Friday
    • 20:16
    恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。
    恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。
    角田 光代
     07−11 ★★★☆☆
     【恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。】 角田 光代 著  ソニー・マガジンズ

     《カワイイ頑固さを感じる》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    たのしいこと うれしいこと 悲しいこと 怒ったこと
    ささやかな日常こそがいとおしい??
    飲み屋のちいさなテーブルで向き合って、ゆるく酒を飲みながら、あるいはお茶を飲みながら、だらだらと話をしているように読んでもらえたら、私はいちばんうれしい。
    角田光代
    同世代に圧倒的共感を得ている作家の日日のことども


     他人の日記を見るのは、怖いようだけど興味深々な自分がいます。しかし、作家の日記は、見られるのを意識したものになってしまうのでしょうか。なかなか本性を現しませんね、妙に卑下して書いてあるところもあったりします。それでも、やっぱり読んでいくと、性格などわかりますね、それがファンにとっても楽しんです。

     肉、肉、肉! 角田さんは、本当に肉が好きなんだ。
     この本を読むと、そんな謎も解けるかも知れませんよ。
     テレビの料理番組でも、本当に肉が好きで好きで、子供みたいな目でと言ってのが浮かんだのです。

     「談話室滝沢」のことが載っていましたが、もう無くなってしまったんだ。そう言えば、最近見かけないと思った。私は、水道橋の「談話室滝沢」に何回か、行ったことを思い出しました。喫茶店であって、喫茶店っぽくない、店員さんが何回も水を持ってきてくれたりで、和風な感じの雰囲気が他の喫茶店と変わっていました。ちょっと大人の喫茶店みたいな感じがした。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ウェブ上で公開されていた著者の何でもない日常や考えを一冊にまとめたエッセイ集。 あけすけで嘘のない話の連続に、何度も共感して笑ってしまった。 一つ一つの話を繋いで繋いで綴じ合わせれば、等身大の角田さんがそこに見えてくるような気がする。 居酒屋で、わい
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/01/13 7:27 PM
      恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 角田 光代 2003年から05年まで、ブルームブックスのHP上で月2回連載していたエッセイと写真。 角田さんのエッセイは面白いから大好き。タイトルが「今日のお昼、何食べた?」「あなたの基本設定は?」と言うよう
      • ナナメモ
      • 2007/01/14 8:42 PM
      恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。角田 光代 ソニーマガジンズ 2006-02 たのしいこと うれしいこと 悲しいこと 怒ったこと ささやかな日常こそがいとおしい??―「今日、今、この瞬間」を綴った日常エッセイ。 「飲み屋のちいさなテーブルで向き合って、ゆ
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2007/01/15 12:25 PM
      恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 角田さんのエッセイです。帯にこうありました。 飲み屋のちいさなテーブルで向き合って、ゆるく酒を飲みながら、あるいはお茶を飲みながら、だらだらと話をしているように読んでもらえたら、私はいちばんうれしい。角田光代
      • 本のある生活
      • 2007/01/15 1:23 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM