スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    生きてるだけで、愛。  本谷 有希子

    • 2007.01.06 Saturday
    • 21:10
    生きてるだけで、愛
    生きてるだけで、愛
    本谷 有希子
     07−5 ★★★☆☆
     【生きてるだけで、愛。】 本谷 有希子 著  新潮社

     《主人公って躁鬱病なのか、ただの奇行病のようにも感じるのだが》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    あんたと別れてもいいけど、あたしはさ、あたしと別れられないんだよね、一生。母譲りの躁鬱をもてあます寧子と寡黙な津奈木。ほとばしる言葉で描かれた恋愛小説の新しいカタチ。

     内容(「BOOK」データベースより)
    ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。芥川賞候補作。


     本谷さんは、舞台で作・演出家らしく、やっぱりなんだかんだと言っても引き込まれて読んでしまった。こういう女性って、現代に多いんだろうなーと思ってしまう。不思議なのは、同棲相手の寡黙な津奈木には、厳しくあたり、津奈木の元彼女には、何も言えない。(心のなかは言いたいことがあるのに?)躁鬱病らしい、母親もそうらしい、でも何か、子どものままで何も進歩してないようにも写るのだ。
     昨夜見た「一期一会」に出てきたニートの女性は、自分が何をやること・仕事が見つからないと言っていた。簡単に仕事をしてしまう人の気持ちがわからない、人生一度なのだから自分に合った仕事をしたいと。良く分かる理屈である。テレビに出てくる人だから、引きこもりぎみだが、家では家事全般はこなしているようだったが。ニートは現代病で躁鬱病は昔からある。

     こういう女性でも津奈木みたいな男性が現れる、そこでバランスが巧く取れているようだ。バランスがくずれるときに犯罪とか起きてしまうような気がしてしまうのだ。
     素っ裸でコート一枚、奇行そのものように写るのだ。『あんたと別れてもいいけど、あたしはさ、あたしと別れられないんだよね』躁鬱という繰り返しで生きていくしかないと言っているが、でも考えてみると現代に生きている大概の人たちも程度の差はあるが、躁と鬱の繰り返しで人生を送っているような気がするのだ。

     この本のカバーの絵が下記の部分の文章が元になっている気がする。
     「あのさ、これはあたしの直感なんだけど」津奈木のセーターに顔を埋めながら、半分独り言のように言う。「北斎が5千分の一秒の富士山を描けたのって、やっぱりその瞬間お互いの中で何かが通じ合ったからだと思うんだよね。だって北斎より富士山のことを分かろうとした人間ってたぶんいないだろうし、富士山は富士山で自分のことを何から何まで知ってもらいたくて、ザッパーンの瞬間をわざと見つけたはずなんだよ絶対」        (本文より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      津奈木さんって不思議な男の人ですよね。
      どうしてここまでされてもずっと一緒にいるんだろう?って。
      前の彼女も強気で変わった人っぽかったですし…

      勢いのある本でした。
      ななさん、こんばんは。
      勢いがあり、迫力がある、
      惹き込まれてしまう本でした。
      オトコからみると津奈木さんって人もいるのが、
      わかる気がしますよ。
      • ななさんへ
      • 2007/01/08 12:36 AM
      モンガさん、こんばんは!
      今年もよろしくお願いいたします♪

      本谷さんの描く世界は強烈で最初は引いてしまうのですが、
      何故かいつの間にか惹き込まれてしまうのですよね。
      この作品もエキセントリックな主人公についていけない…と
      思いながら最後は愛おしくなっていたり。不思議です(笑)
      こんなにも重たいテーマなのにゲラゲラ笑える部分もあって
      あっけらかんとした明るさに救われた気もしました。
      これですっかり本谷さんにはまった私です。
      おはようございます、リサさん。

      本当に何故か、惹き込まれてしまいますね。
      まだ、2冊しか読んでいませんが、
      また読んでみたくなりました。
      • リサさんへ
      • 2007/01/08 8:44 AM
      今年は彼女の本をたくさん読みたいと思っています!かなり注目…。いつか芥川とってほしいですね!!
      こんばんは、chiekoaさん。
      注目、かなり注目ですね。
      この本も芥川賞候補作ですから、いつか取るでしょう。
      • chiekoaさんへ
      • 2007/01/09 10:43 PM
       こんばんは。
      遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。m(__)m

      パンチある1冊でしたね。
      「芸術は爆発だーっ!!!」という岡本太郎さんの声が絶えずBGMとして流れて来ました。(^^;
      自分と重なる部分が見つからないのに惹かれてしまう、そんな1冊でした。
      こんばんは、☆すぅ☆さん。
      パンチ、パンチの連続の本でした。
      本当に、惹きこまれてしまいました。
      • ☆すぅ☆さんへ
      • 2007/01/10 11:44 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      生きてるだけで、愛 タイトルと表紙の濃さにかなり期待して手にとりました。やっぱりすごく濃くって、これでもかというくらい凶暴に突っ走る主人公が、突っ走れば突っ走るほど痛くて哀しいんです。でもそれだけじゃなくて笑えるところもあったし、5千分の1秒の光景
      • 本のある生活
      • 2007/01/07 9:08 PM
      生きてるだけで、愛 本谷 有希子 20日前から鬱の状態の私。同棲してる津奈木にあたり、津奈木の元彼女には別れを共用され、散々な日々。 うわー。すごい本です。勢いだけで読みきったって感じ。 25歳の私は高校時代のあだ名がエキセントリクなエキ子。
      • ナナメモ
      • 2007/01/07 9:16 PM
      生きてるだけで、愛本谷 有希子新潮社2006-07-28by G-Tools ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。芥川賞候補作。 人間って何で生きてるんだろうね。み
      • ひなたでゆるり
      • 2007/01/08 2:25 AM
      学生時代のあだ名がエキセントリック子。略してエキ子。それを自らのハンドルネームにしている主人公。まさにエキセントリック。そして気分の浮き沈みが激しい。彼女に振り回されている津奈木が哀れになってくる。 それでも、何かしら彼女に共感している自分がいます。
      • 宙の本棚
      • 2007/01/08 7:44 PM
      生きてるだけで、愛本谷 有希子 新潮社 2006-07-28 津奈木と付き合って三年になる寧子。「ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?」過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。 読み始めたときに
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2007/01/09 1:06 PM
      愛する人とつながる5000分の1! hReview by ☆すぅ☆ , 2006/09/18 生きてるだけで、愛 本谷 有希子 新潮社 2006-07-28        装丁のイメージ通り、私にとってずいぶん「かっとんだ」小説だった。自分には抱えきれないくらいの「
      • 「女流作家」の楽しみ方!〜林真理子・瀬尾まいこなどの女性作家のエッセイ・文学書評を中心にご紹介してい
      • 2007/01/10 12:28 AM
      生きてるだけで、愛本谷 有希子 (2006/07/28)新潮社 この商品の詳細を見る 安い恋のトライアングルに勝手に巻き込まれ、叫んで暴れてバイトをクビになった寧子。 寧子は鬱になり、同棲中の津奈木の本部屋に二十日以上も閉じ篭
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/04/13 5:17 PM
      「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の作者、本谷有希子さんの作品。 レビュー読むとこっちの方が読みやすいってコメントが多かったのでこっちから読むことに
      • 青いblog
      • 2007/09/29 3:23 PM
      過眠、躁鬱を繰り返しながら、何かを求めている25歳の寧子。その思うようにならない人生を、スヒード感溢れる文章で綴った物語。 躁鬱状態にあり怠惰な日常を繰り返している女性の思想や行動が、テンポよくユーモア溢れる文章で描かれていて、その魅力に一気にひき込ま
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/12/12 8:51 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM