スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    2006年の1年

    • 2006.12.31 Sunday
    • 23:21
     今年は、随分読んだ。
     後半、日に1冊読んでいたことになる。
     330冊、その中に、初めて読む作家さんも多数読んだ。
     ◎は、8冊である。やはり結果的には男性作家が多い、読んだのは女性作家が多かったのに。
     ◎【風が強く吹いている】三浦しをん著は、抜群に面白く、巧い、これを書くのに4,5年過かっているのを聞いて納得した。
     ◎【石の来歴】奥泉 光 著、◎【贋世捨人】車谷長吉 著などは、骨太の話である。
    どうも最近の作家さんの作品は、カルク感じてしまうのだ。
     ○【天使の代理人】山田 宗樹 著は、思い出に残る1冊である。【嫌われ松子の一生】を読んで、この作家さんを知ったのだが、【天使の代理人】は、若い人たちに読んで欲しい1冊である。堕胎のことを扱った作品である。
     やはり、ミステリーがどうも苦手である。
     来年は、どんな本に会うか楽しみである。



    ★★★★★
    ◎【流星ワゴン】重松 清 著
    ◎【その日のまえに】重松 清 著
    ◎【将棋の子】大崎 善生 著
    ◎【石の来歴】奥泉 光 著
    ◎【贋世捨人】車谷 長吉 著
    ◎【邂逅の森】熊谷 達也 著
    ◎【風が強く吹いている】三浦 しをん 著
    ◎【途方に暮れて、人生論】保坂 和志 著



    ★★★★☆
    ○【四日間の奇蹟】浅倉 卓弥 著

    ○【人生ベストテン】角田 光代 著
    ○【完璧な病室】小川 洋子 著
    ○【天使の代理人】山田 宗樹 著
    ○【対岸の彼女】角田 光代 著
    ○【一千一秒の日々】島本 理生 著
    ○【看守眼】横山 秀夫 著
    ○【執筆前夜】アンソロジー 著
    ○【海のふた】よしもと ばなな 著
    ○【ツ、イ、ラ、ク】姫野 カオルコ 著
    ○【桃】姫野 カオルコ 著
    ○【ラッシュライフ】伊坂 幸太郎 著
    ○【Presents】角田 光代 著 松尾 たいこ 絵
    ○【香港の甘い豆腐】大島 真須美 著
    ○【いつかパラソルの下で】森 絵都 著
    ○【いつも旅のなか】角田 光代 著
    ○【シュガータイム】小川 洋子 著
    ○【風に舞いあがるビニールシート】森 絵都 著
    ○【讃歌】篠田 節子 著
    ○【死亡推定時刻】朔 立木 著
    ○【臨場】横山 秀夫 著
    ○【孤宿の人】宮部 みゆき 著
    ○【クローズド・ノート】雫井 侑介 著
    ○【ケッヘル】中山 可穂 著
    ○【人生激場】三浦 しをん 著
    ○【僕たちの戦争】荻原 浩 著
    ○【夜市】恒川 光太郎 著
    ○【ボーイズ・ビー】桂 望実 著
    ○【手紙】東野 圭吾 著
    ○【最後に咲く花】片山 恭一 著
    ○【冷めない紅茶】小川 洋子 著
    ○【花まんま】朱川 湊人 著
    ○【ボトルネック】米澤 穂信 著
    ○【走るジイサン】池永 陽 著
    ○【まほろ駅前多田便利軒】三浦 しをん 著
    ○【一瞬の風になれ】佐藤 多佳子 著
    ○【凍】沢木 耕太郎 著
    ○【雲を斬る】池永 陽 著
    ○【きよしこ】重松 清 著
    ○【ありふれた魔法】盛田 隆二 著
    ○【王国 その3 ひみつの花園】よしもと ばなな 著





    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      明けましておめでとうございます。

      いつもいろいろな本をご紹介いただき勉強になります。
      なかなかコメントを書く機会がなかったのですが
      新年の挨拶を機に書き込みしてみました。(^^ゞ
      本年もよろしくお願いいたします。

      よければ私のサイトと相互リンクしていただけませんか?
      気が早いようですが、こちらからは既にリンク済です。

      ★トレジャー・ブックス★
      http://book.tore-han.com/

      ※紹介コメントの修正やリンク解除が必要な場合は
       お気軽にお申し付けください。

      今後とも末永くお付き合いの程よろしくお願いします。
      明けましておめでとうございます。
      昨年は、たくさんのコメント&TBありがとうございました。
      今年もよろしくお願いします。
      モンガさんの評価の高い本が気になりますね〜
      確か、熊谷達也さんの『邂逅の森』は自分の本棚に並んでました。
      購入したもののすっかり忘れてたのを思い出しました。
      読むのが楽しみです。
      明けましておめでとうございます。
      こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
      『邂逅の森』は、壮大なドラマです。
      今年もエビノートさんのブログ楽しみにしています。
      • エビノートさんへ
      • 2007/01/03 3:11 AM
      モンガさん、明けましておめでとうございます。
      今年もどうぞよろしくお願いします。

      見ると読みたいなと思って読めずにいる本がたくさん並んでいます。
      中山さんの「ケッヘル」が気になります。上下巻でしたね。
      ちょっと覚悟がいるけどこれはぜひ読んでみたい本です。
      明けましておめでとうございます。
      こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
      『ケッヘル』は、雄大な感じがするドラマです。
      また、雪芽さんのブログを今年も見にいきますので
      よろしくお願いします。
      • 雪芽さんへ
      • 2007/01/03 4:56 PM
      モンガさん、あけましておめでとうございます。

      奥泉さん、車谷さんなど、読めてない作家さんが多いです(汗)。
      「一瞬の風になれ」は、全3巻、
      時間がかかりそうですが、読んでみるつもりです。
      今年もどうぞよろしくお願いします。
      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。

      それにしても凄いですね!330冊ですかぁ・・・
      私の2年分以上ですね(笑)

      しをんさんの作品に影響されてか、箱根駅伝を真剣にみてしまいました。
      順天堂、すごかったですね!
      • ゆう
      • 2007/01/04 9:53 AM
      藍色さん、あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。

      「一瞬の風になれ」は、良かったですよ。
      読んでみて下さい。
      • 藍色さんへ
      • 2007/01/05 12:21 AM
      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。
      330冊読んだのに印象に残っているのは?です。
      今年は、じっくり読みたいのですが、
      どうなることか。
      また、ゆうさんのを参考にしますよ。
      • ゆうさんへ
      • 2007/01/05 12:24 AM
      モンガさん、あけましておめでとうございます。
      そう言えば、去年何冊読んだのか、数えてみなかったことに気がつきました。たくさん読んでも、たしかに記憶に残る本というのは少ないですよね。今年は、自分の興味を広げて読んでみたいと思っています。
      よろしくお願いします。
      • ERI
      • 2007/01/05 8:00 PM
      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。
      何冊も読んでも、心から残る作品はすくないですね。
      でも、初めての作家で、グッとくると嬉しくなりますね。
      今年も、そんな作品に出会えたいもんです。
      • ERIさんへ
      • 2007/01/05 9:04 PM
      モンガさん☆あけましておめでとうございます。
      このところ、他の方のブログを参考に本を選択することが増えました。
      モンガさんの◎&○本も要チェックですね。φ(..)
      今年も、どうぞよろしくお願いします。
      • Roko
      • 2007/01/06 10:47 AM
      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。
      今年もたくさんの本に出会って、感動したいものです。
      • Rokoさんへ
      • 2007/01/06 3:05 PM
      奥泉さんの「石の来歴」というのは、もしやあのロンギヌス物質の話だったりするのでしょうか?
      骨太の話とのこと、体力のある時に挑戦してみます!
      それにしても330冊とは・・。うらやましいです。
      • june
      • 2007/01/08 10:16 PM
      こんばんは、juneさん。
      奥泉さんでは、juneさんが上げている『鳥類学者のファンタジア』が面白いと言う人が多いですね。
      330冊、読むには読むのですが、理解していない部分もあり、じっくりと読んだ方がいいのかも知れません。
      ロンギヌス物質は、出てこない?ですが、石の魅せられた人の話です。
      • juneさんへ
      • 2007/01/08 11:34 PM
      モンガさんこんにちは。
      今年もよろしくお願いします♪

      330冊!!!
      すごいですねー!!!私の2倍以上だわ。。。
      それだけ本が生活に溶け込んでるんでしょうね。素敵です☆
      私も今年はもっともっと本を読みたいなぁとおもいます。
      モンガさんのご紹介の「風が強く吹いている」気になって借りてきました!
      読むのが楽しみです☆
      おはようございます、sonatineさん。

      《》本が生活に溶け込んでるんでしょうね《》
      私にとっては、今一番の褒め言葉です。
      今年は、どんな本を出会うか楽しみです。
      • sonatineさんへ
      • 2007/01/13 10:29 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      2006年に読んだ本・漫画、観た映画。 漫画は青文字表記。
      • コンパス・ローズ 
      • 2007/01/03 4:12 PM
      何度も考えてやっとできました。ベスト10の発表です。コメントはちょっと長め。 第10位。温室デイズ 瀬尾まいこ 現役中学校教師の瀬尾さんが描いた学校の現状と、戦うふたりの姿。いじめの体験を思い起こさせられ、声援
      • 粋な提案
      • 2007/01/04 1:47 AM
      今年もたくさんの素晴らしい本にめぐり合うことが出来ました。 今年のベスト本として、5つ★の作品をあげてみたいと思います。 『白夜行』 東野圭吾 『秘密』 東野圭吾 『Presents』 角田光代 『彼女のこんだて帖』 角田光代 『死亡推定時刻』 朔立木 『
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/01/04 9:50 AM
      バタバタしている間に、2006年もあと一日になりました。 で、今日は今年のまとめをしようと思います。 まとめ、て言っても、自分の印象に残った本を並べてみるだけなんですがね。 私はランキング、とか付けるのが苦手なので、これは順不同です。 ミステリーはや
      • おいしい本箱Diary
      • 2007/01/05 7:45 PM
       2006年最後の日となりました。 今年読んだ本は299冊でした。あと1冊で30
      • ついてる日記?
      • 2007/01/06 10:39 AM
      去年の読了本は160冊でした。本ブログをなさっている方の中では少なっ!という感じですが、これでも一昨年よりも増えています。量が全てではありませんが、たくさん読めばそれだけいい本にめぐりあう率も高くなるので、やっぱりたくさん読みたいのです。でも去年は当
      • 本のある生活
      • 2007/01/08 10:16 PM
      せっかくなので、自分なりにジャンルわけしてみました。 今年のベスト本 1位代筆屋→大好き。 2位ストロベリーショート→これをきっかけにショートにはまった! 3位結婚なんてしたくない→面白い。 4位図書館戦争
      • 寝ていられるのになぜ起きる?
      • 2007/01/13 1:10 AM
      複数の主人公たちが、同じ舞台で別々の行動を取っていながら、それが複雑に絡み合っていく群像劇。 この手のものは映画なら「マグノリア」とか、小説なら恩田陸の「ドミノ」とか、前例は結構ある。 本作の<だまし絵>的な構造は、ミステリで使われる叙述トリッ
      • ミステリー倶楽部
      • 2007/02/08 4:29 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM