スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    出口のない海  横山 秀夫

    • 2006.12.22 Friday
    • 23:29
    出口のない海
    出口のない海
    横山 秀夫
     325 ★★★☆☆
     【出口のない海】 横山 秀夫 著  講談社

     《人間は、いつの時代も出口のない海にいるのだろうか》

     出版社/著者からの内容紹介より
    甲子園の優勝投手は、なぜ、自ら「人間兵器」となることを選んだのか。
    人間魚雷「回天」海の特攻兵器。脱出装置なし。
    甲子園の優勝投手・並木浩二は大学入学後、ヒジを故障。新しい変化球の完成に復活をかけていたが、日米開戦を機に、並木の夢は時代にのみ込まれていく。死ぬための訓練。出撃。回天搭乗。しかし彼は「魔球」を諦めなかった。
    組織と個人を描く横山秀夫の原点


     戦争は、善か、悪かと聞けば、誰でも悪と答えるだろう。それでも、いつの時代にもなくなることはない。昔は、領土の拡大だったり、今は、民族的違いだったりである。イラク戦争は、泥沼状態で来年、米軍が撤退などとも言われている。そこに住む人たちどう考えているのだろうか。戦争、人間であるから避けて通れないことなのだろうか、と考えて人間なんかなんて愚かなんだろう、と思ってしまうのである。

     この本を読んでいると戦争ということが当たり前に語られていた時代である。戦争に向かうには、いろんな国際事情があるだろうが、大体どのくらい人たちが、この戦争は負けるという判断を予測していたのだろうか。資源や、資材の違いはあきらかでアメリカを視察した人たちには映っていたと言う。
     組織と個人、国と市民、やっぱり政治というのはおおきな舵取りを担うわけで、その責任は重い。簡単なワンフレーズで戦争に巻き込まれたのではたまったものでない。
     『国を、愛する人を、家族を守る』、こういう時代では、頭に叩き込まれていたことだろう。そういう気持ちで死んでいく、これで神なると信じつつ。
     この作品を読んでいて、妙に醒めた私がいる。何故だろうか、生意気すぎるが、ちょっと作り物的に感じてしまった。主人公の心の中には、もっとどろどろしたものがあったのではないか、と思うからです。

     「勝とうが負けようが、いずれ戦争は終わる。平和な時がきっとくる。その時になって回天を知ったら、みんなどう思うだろう。なんと非人間的な兵器だといきり立つか。祖国のために魚雷に乗り込んだ俺たちの心情を憐れむか。馬鹿馬鹿しいと笑うか。それはわからないが、俺は人間魚雷という兵器がこの世に存在したことを伝えたい。俺たちの死は、人間が兵器の一部になったことの動かしがたい事実として残る。それでいい。俺はそのために死ぬ」   (本文より)
     何だか、とても虚しい。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM