スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    銃  中村 文則

    • 2006.11.28 Tuesday
    • 22:12
    銃

    中村 文則
     302 ★★★☆☆
     【銃】 中村 文則 著  新潮社 第34回新潮新人賞受賞作、第128回芥川賞候補作

     
     《銃というものは、人間というものは、哀れである》

     内容(「BOOK」データベースより)
    昨日、私は拳銃を拾った。これ程美しいものを、他に知らない―。ある夜、死体の傍らに落ちていた拳銃。それを偶然手にした私は、次第にその“死と直結した機械”に魅せられていく。救いのない孤独と緊張。膨らみを続ける残酷な妄想。そしてその先には、驚愕の結末が待っていた…。非日常の闇へと嵌まり込んだ青年の心の軌跡を、確かな筆力で描く。若き芥川賞作家、堂々のデビュー作。


     昨日、私は拳銃を拾った。あるいは盗んだのかもしれないが、私にはよくわからない。これ程美しく、手に持ちやすいものを、他に知らない。― (本文より)

     こんな文章で始まる物語は、偶然に自殺者の使った拳銃を拾ったばかりおきる大学生の主人公の心理状態に変化が伴う、日常が拳銃をもつことでの非日常の生活に。そこで、どうしても拳銃をもったことで使いたくなる。ここで、心の葛藤がおきる、捨ててしまわなくては、と言う思い、それとは別な拳銃への思いが。最後は、…。

     「遮光」という作品は、亡くなった恋人の指をホルマリン漬して持ち歩く作品だが、この作品では、「銃」では、拳銃である。こちらの作品が初めのようだが、人間のもつ心の変化を巧みに描いているのだ。 

    私はその時、少し、気の毒に思った。それは機械であるから、私のその感情は正しいものとはいえなかったが、しかし私はそれを感じた。この人を殺す為だけに作られた機械に対し、私は同情に近い何かを感じた。人を殺す為という運命は、この拳銃が選び取ったものではないような、よくわからないが、そんな気がした。… 中略 (本文より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      < 初読みの作家、中村文則 > まずは、非常に残念なことだが、先に記しておくとする。 単行本で読んだ私は、そう・・この作中におけるこの‘私は・・・’の表現に関してだが・・・。 頻繁に無闇に使われているため、文章そのものが非常に読み辛い。 それさ
      • 雑板屋
      • 2007/04/14 5:55 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM