スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    一瞬の風になれ 第三部 -ドン-  佐藤 多佳子

    • 2006.11.27 Monday
    • 21:46
    一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
    一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
    佐藤 多佳子
     301 ★★★★☆
     【一瞬の風になれ 第三部 -ドン-】 佐藤 多佳子 著  講談社

     《陸上競技、とりわけ400mリレーが身近になりました》

     出版社/著者からの内容紹介より
    すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説

    ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。
    この身体とこの走路があればいい……
    「1本、1本、全力だ」

    そして、俺らはいつものように円陣を組んだ。総体に行くためだけでなく、タイムを出すためだけでなく、鷲谷と戦うためだけでなく、何より、俺たち4人でチームを組めたことのために走りたいのだった。
    「この決勝走れて、どんなに嬉しいか、言葉じゃ言えねえよ」
    全3巻圧倒的迫力の完結編!!


    うーん、いいなー! こういう高校生活、競技生活、陸上部の仲間達。
     3巻は、1,2巻よりも大分厚いので、少し読んでおこうと思って、昨日の夜読み出したら止まらなくなってくる、が明日の分を残しておこうと思って、半分だけ止めた。余韻で神経が高ぶってきた。読んでいて、私も陸上競技しているような、ワクワク、ドキドキ感がある。本当に明るく純粋で真直ぐな青春小説だった。

     神谷新二、一ノ瀬連、根岸、溝井、入江、谷口、鳥沢、桃内、鍵山、後藤、橋本、山下、五島、双子よ、皆で肩を組んで、最後のシーンで私もグラウンドに入って『ありがとう』と言いたい気分です。あー忘れていた、三輪先生、お世話さまでした。
     十分に楽しめた1冊だった。
     
     人生は、世界は、リレーそのものだな。バトンを渡して、人とつながっている。一人だけではできない。だけど、自分が走るその時は、まったく一人きりだ。誰も助けてくれない。助けられない。誰も替わってくれない。替われない。この孤独を俺はもっと見つめないといけない。俺は、俺は、もっと見つめないといけない。そこは、言葉のない世界なんだ―たぶん。(本文より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:46
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      イチニツイテからドンにかけて、どんどん面白くなってくるんですねー!!
      あー、やっぱり読みたいなぁ!!

      3冊全部を一気に買ってから読まないと、
      続きが気になって眠れないかもしれないですね(笑)

      うーん。決めました!買いに行きます!!!
      3巻は1,2巻よりもずっと厚いのに、あっという間でした。
      残りのページが少なくなっていくのが、寂しくてたまりませんでした。
      巻を追って成長する新二や連がとてもまぶしかったです。
      良かったですよ。
      やっぱり、一気に読みたくなりますから、1巻、2巻、3巻まで
      買った方が良いでしょう。
      読んだら、感想を聞かして下さい。
      ブログリストに登録しますので、今後共よろしくお願いします。
      • 旭ひなたさんへ
      • 2006/11/28 6:47 PM
      こんばんは、小葉さん。
      私も、もっと続く感じ(全国大会とか)で読んでいたので、残りページが少なくなるのが、エーツもう終わってしまうのかって感じでした。
      リレーの話が多かったのが印象的でした。
      • 小葉さんへ
      • 2006/11/28 6:51 PM
      こんばんは!!ほんと、「ありがとう!!」って、言いたくなる素敵な物語でした。目の前が明るくなるような、光にあふれた物語。
      爽快でした。みっちゃん先生も素敵でしたね。あんな暖かい先生、ほんといいですわ。春高、ファイト〜♪
      • ERI
      • 2006/11/29 1:00 AM
      こんばんは、ERIさん。
      TB・コメントありがとうございます。
      みっちゃん・三輪先生が良かったですね。
      根岸くんも良かった、みんな良かったです。
      • ERIさんへ
      • 2006/11/29 1:25 AM
      こんばんは。モンガさん。
      いやぁ、よかったですよね、この三部作。
      第一部で少しつまづきましたが、後はスイスイでした。

      爽快にこの一年の読み納めをしたいと思ってましたので、ここらでUPするのをやめようかな、とも思ってます(笑)


      ※もしかしたら、まだ読むかも(笑)
      • ゆう
      • 2006/12/26 10:24 PM
      こんばんは、ゆうさん。
      純粋な高校生活、何かワクワク感があって
      良かったですね。
      もう、読み納めですか。
      • ゆうさんへ
      • 2006/12/27 11:18 PM
      こんばんは!
      巻数を追うごとにのめり込むようにして読みました〜
      読み終わった充実感と、新二たちの活躍への爽快感で、大満足の作品でした。
      こんばんは、エビノートさん。
      爽やかすぎる、そんな感覚でした。
      青春って、いいなーと思う作品でした。
      良かったです。
      • エビノートさんへ
      • 2007/01/12 12:08 AM
      モンガさん、こんにちは。
      読み終わってみると、あっという間の3部作。
      仲間の素晴らしさ、そして、すがすがしい感動の青春小説でした。
      ほんと、「ありがとう!!」って、言いたくなりました。
      こんばんは、藍色さん。

      《》ほんと、「ありがとう!!」って、言いたくなりました。 《》
      藍色さんのこの言葉がぴったりですね。
      願わくば、もっと若いうちに、こんな本を読んでみたっかですね。


      • 藍色さんへ
      • 2007/01/20 10:55 PM
      途中でやめるなんて出来ない内容でしたね。
      新二と一緒に喜んだり、緊張したり
      すっかり物語りに入り込みました。
      こんばんは、ななさん。
      こういう青春っていいなー。
      止まらない、止まらない、
      すっかり、本当にすっかりと溶けこんで
      いるような感じで読んでいました。
      • ななさんへ
      • 2007/02/02 12:47 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      読み終わりたくない。いつまでもこの世界の中にいたい。もっともっと新二や連の走る姿を、春高陸上部の仲間達や、ライバル高の選手達を見ていたい…そんな気持ちにさられました。涙腺が緩くなっているのかなぁ、何度も涙で文字が読めなくなりました。 高校入学の春か
      • 宙の本棚
      • 2006/11/28 9:09 AM
      終わってしまった・・。いや、これで物語は終わりなんですが、 これは、「イチニツイテ」「ヨーイ」「ドン」、つまりここからまた始まる何かを 感じさせる、爽やかさ。この物語は、佐藤さんの代表作になるんじゃないか、 と思うほどの素敵な仕上がりです。
      • おいしい本箱Diary
      • 2006/11/29 12:57 AM
      はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。毎日を常にエンジョイ!を心がけているtenpersonと申します。記事に陸上に関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。ドーハアジア大会走り幅跳びで、金メダルを獲得した池田久美子さんについて
      • 池田久美子 陸上で「一躍時の人」
      • 2006/12/11 8:41 AM
      一瞬の風になれ 第三部 ― ドン― 佐藤 多佳子 講談社 2006-10-25 『一瞬の風になれ 第一部 ―イチニツイテ―』、『一瞬の風になれ 第二部 ―ヨウイ―』に続く、『一瞬の風になれ』三部作の第三部、ついに完結編です。 高校二年生の終わりから、三年生へ。新入生の
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2006/12/14 2:35 PM
      三年生へ進級した新二。よきライバル達に囲まれながら、集大成ともいえる高校総体出場を懸けて突き進む姿を、清々しく描く陸上青春小説三部作の完結編。 第一部、第二部で大切に育てられた種が、今まさに花を咲かせようとしているかのような、そんな新二の姿が、鮮やか
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/12/26 10:23 PM
      一瞬の風になれ 第三部 -ドン-佐藤 多佳子 講談社 2006-10-25売り上げランキング : 1394おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説 ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。 この身体と
      • まったり読書日記
      • 2007/01/11 7:47 PM
      カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 着実に力をつけた新二は高校3年に。トレーニングに耐える身体を作り、逃げない闘志を鍛えてきた連。…砂浜走反復3000mのエネルギー・ゼロ。自分の指
      • 粋な提案
      • 2007/01/20 11:19 AM
      この本のことは去年の夏の終わり頃から、なんとなく耳に入ってきたので知ってはいました。本の題名はわからず、陸上部のことを書いた高校生の「スポコンもの?」の本だというので、僕は絶対に読まないだろう分類の本だと思っていました。汗くさい「青春」というも
      • とんとん・にっき
      • 2007/01/27 9:33 AM
      『一瞬の風になれ』の第3部ドンを読み終わった。 第3部は、主人公神谷新二と親友でありライバルでもある一ノ瀬連の2人の高校アスリートとしての最後の3年生のシーズンを描く。インターハイの地区予選から始まり、県予選、最後はインターハイ出場をかける南関東大会。 4
      • 栄枯盛衰・前途洋洋
      • 2007/01/31 10:26 PM
      一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子 3年生になった新二。 はぁ〜ドキドキ、ニヤニヤ、ウルウル。本当にページをめくるごとにいろんな感情を持って読みました。いいなぁ。爽やかだなぁ。小学校1年生の息子が、去年の夏から学校のサッカーチームに入
      • ナナメモ
      • 2007/02/01 9:37 AM
      一瞬の風になれ 佐藤多佳子  講談社  2006年10月    第一部  イチニツイテ         第二部 ヨウイ        第三部 ドン ? サッカーの強豪で偏差値も高い私立校、海嶺で活躍する兄の建ちゃんといっしょのチームになりた
      • <花>の本と映画の感想
      • 2007/04/27 8:00 PM
      一瞬の風になれ 第三部 -ドン-/佐藤 多佳子 ★★★★★ ¥1,575 Amazon.co.jp 〜ネタバレ感想〜 ラストはもう予想通りでした。 ひたすら主人公神谷の一人称で語られ、それを稚拙に感じる人もいるかもしれませんがホントに実際その現場にいて彼らを応援
      • 座間市民の読書記録
      • 2007/06/23 9:40 PM
      一瞬の風になれ 佐藤多佳子 講談社 1巻〜3巻この本のテーマは「支えあう尊さ」です。高校生による短距離リレーの話となっています。読み進めていて、ところどころ胸が熱くなる瞬間があります。先生が生徒を上手におだててくれる。教師、先輩たちは、あたりまえのこ
      • 熊太郎の読書ルーム
      • 2007/07/16 6:50 PM
      一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 出版社: 講談社 (2006/10/25) ISBN-10: 4062136813 評価:95点 三部作の完結編。 新二も連もそして他の仲間達も、鍛えに鍛えて強くなり、強豪たちと戦って勝ち上がり、そしてついには関東大会へ・・・。 最後の南関東大会4継
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2008/02/24 2:04 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM