スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    一瞬の風になれ 第二部  佐藤 多佳子

    • 2006.11.26 Sunday
    • 17:56
    一瞬の風になれ 第二部
    一瞬の風になれ 第二部
    佐藤 多佳子
     300 ★★★★☆
     【一瞬の風になれ 第二部】 佐藤 多佳子 著  講談社

     《走ることの楽しさ。意味なんかない。でも走ることが、単純に尊いのだ。(帯文より)》

     出版社/著者からの内容紹介より
    何かに夢中にだった、すべての人へ贈る青春小説
    「最高だ」
    直線をかっとんでいく感覚。このスピードの爽快感。身体が飛ぶんだ……。
    少しずつ陸上経験値を上げる新二と連。才能の残酷さ、勝負の厳しさに出会いながらも強烈に感じる、走ることの楽しさ。意味なんかない。でも走ることが、単純に、尊いのだ。
    「そういうレースがあるよね。きっと誰にも。一生に一回……みたいな」
    今年いちばんの陸上青春小説、第2巻!


     「簡単に比較はするな。陸上はずばり数字で出てくる競技だ。比較は簡単だ。だが、その選手の潜在能力は現在のタイムだけでは測れない。追いつこうとあせったらダメだ。そう簡単に追いつける相手じゃない。それでも、追いかけるんだ。盗めるものは全部盗め。真似られるところは真似しろ。おまえと一ノ瀬は違うタイプのライナーだから、いずれはおまえはおまえの走り方を追求していくことになるが、スプリントの基本ができあがるまではいくら真似してもいい。生きる教材だ。あれ以上のものは望めない。その点で、ウチの部員どもは、おそろしく幸運だ。……この話はいつもしてるな?」(本文より)

     みっちゃんこと三輪先生が新二に陸上について諭しているところだ。このところを読んで中学時代のことを思い出していた。私が3年生のとき、体育館に集まった新一年生に向かって部活の説明をして勧誘するのだ。私は、卓球部のキャプテンだったので喋ったのだがあがってしまい何をどう喋ったのかわからないまま終わってしまった。そのときに陸上部のキャプテンが話したことが今でも残っているのだ。 『陸上競技というのは、球技とは違い、1日1日練習して記録・数字が出るのです。何秒縮めたとか、何cm飛んだとか、自分が日頃から努力したことが正直に結果として出てくる競技なのです。』ウーン、秀才の言うことは違うなと感心させられました。

     2巻は、オフ・シーズンから2年生になり、1年生が入り、夏が終わり、新二もキャプテンになり、ほのかな恋愛?も始まり、しかし事件、事件が起こります。尊敬している兄が、プロサッカー選手になったばかりの兄が、…。

     読んでいて、何だろう、何だろうか、このワクワク感は。
     いじめもないし、上下関係の厳しさもない春高陸上部。
     でも、読んでいて、ホロリ、ホロリと胸に込み上げてくる。 

     さあ、3巻だ。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん、こんばんは。
      モンガさんは、卓球部のキャプテンをされていたのですね〜。
      私は、放送部の部長でした。
      やっぱり、勧誘で何をどう喋ったのか忘れてます(笑)。

      このワクワク感、新二の成長、気持ちいいですよね。
      第三部・完結編が楽しみです。
      こんばんは、藍色さん。

      放送部なんか、あこがれでした、
      頭のいい人が入っていた、かわいい人も。

      3部が、やっぱり一番いいかも。
      • 藍色さんへ
      • 2007/01/19 11:52 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      -
      管理者の承認待ちトラックバックです。
      • -
      • 2006/12/20 9:41 AM
      オフシーズンを終え、二年に進級した新二。陸上部には新たな部員も加わり、飛躍を遂げるべく練習に明け暮れる日々を、清々しく描くスポーツ青春物語・三部作の第二部。 アクシデントに見舞われ挫折感に苛まれたり、人間関係のしがらみにもまれたりと、精神的にも肉体的
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/12/25 7:29 PM
      一瞬の風になれ 第二部佐藤 多佳子 講談社 2006-09売り上げランキング : 1072おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 何かに夢中にだった、すべての人へ贈る青春小説 「最高だ」 ・・直線をかっとんでいく感覚。 このスピードの爽快感。 身体が飛
      • まったり読書日記
      • 2007/01/11 7:44 PM
      カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 2年生になった新二たち。リーダー守屋、エース一ノ瀬、ジンクス担当浦木、雑用キング根岸、宴会部長俺。サプリとスポーツ小物を偏愛する大阪出身の桃内
      • 粋な提案
      • 2007/01/18 1:26 AM
      一瞬の風になれ 第二部 出版社:講談社(2006/9) ISBN:4062136058 評価:88点 (ネタバレあります!) 第一部を読んでから随分と時間がたって、ようやく図書館で借りることができた。 読み始めるまでは前作の内容をきちんと思い出しさえできなかったのに、
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2008/01/16 12:18 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM