スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--  佐藤 多佳子

    • 2006.11.26 Sunday
    • 09:53
    一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ--
    一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
    佐藤 多佳子
     299 ★★★★☆
     【一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--】 佐藤 多佳子 著  講談社

     《泥臭くなく、爽やかに、伸びやかさを感じる青春小説だ!!!》

     出版社/著者からの内容紹介より
    「速くなる」
    ただそれだけを目指して走る。
    白い広い何もない、虚空に向かって…………。
    春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した2人のスプリンター。ひたすらに走る、そのことが次第に2人を変え、そして、部を変える。「おまえらがマジで競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。


     私は、迂闊にも佐藤多佳子さんの本を初めて読む。話題作が一杯あるのにもったいないことをしたと言うのが、この本を読んだ実感です。
     この本は、高校生の陸上競技に打ち込む人たちの話であるが、陸上競技に向ける作家の目線を十分に感じるのだ。相当に何回も、何日、何年も取材された作品であろう。
     主人公・神谷新二が中学時代のサッカーを辞めて、高校生になって陸上部に入って、自分の居場所を見つけて成長していく青春物語だ。競技で最初に取り上げているのが、400mリレー(100m×4)だ。リレーと言うのは、当たり前だがバトンタッチしてゴールする競技だ、走力ももちろん一番だがバトンの受け渡しがもっとも重要な競技なのだ。
    作家は、ここに焦点を当てて友情の大切さを言い表しているのだろうか。
     天才な連、二人を取り持つ根岸、みっちゃんこと三輪先生などキャラが楽しい小説だ。
     新二の「速くなる」、速くなりたいと言う気持ちを爽やかに綴る、ときには挫折も、…。
     さあ、2巻を読もう。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 09:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん(でいいのでしょうか?)こんにちは。

      「一瞬の風になれ」という作品、買おうかどうかとても迷っています。
      先日新聞に大きな広告が出ていて、かなり人気があるような印象を持ちました。

      >話題作が一杯あるのにもったいないことをした
      というのは、この作品があまりよくなかったということなのでしょうか??

      モンガさんは、1巻を読まれて、2巻もこれから読まれるのですね。
      続編の感想も楽しみにしています!!
      こんばんは、旭ひなたさん。

      初めまして、モンガです。
      言葉の表現が良くなかったです、佐藤さんの作品に話題作が一杯あるのに読んでいないことを悔やんでいるのです。
      「一瞬の風になれ」は、良い作品です。高校生の爽やかな青春小説です。胸にジーンときますよ。買っても損はないと私は思います。
      2巻を読み終わって、さあ3巻に入ります。

      • 旭ひなたさんへ
      • 2006/11/26 7:34 PM
      佐藤多佳子さんのサイトの作品紹介のページによると、モンガさんが書かれているように、神奈川県の公立高校に三年以上も取材されたようです。
      こちらは3冊まとめての感想なので、TBは「ドン」にさせていただきますね。
      佐藤多佳子さんは少年少女を主人公に、明るく前向きな気持ちにさせてくれる作品が多く、私のお気に入りの作家さんの一人です。
      こんばんは、小葉さん。
      佐藤多佳子さんの本は、いつも読みたいと思っていたのですが、この本が初めて読みました。
      良かったですよ、明るく前向きな気持ちに、本当にそう思います。
      • 小葉さんへ
      • 2006/11/26 11:18 PM
      こんにちは。モンガさん。
      モンガさんのように、三冊そろえて、一気に読んだほうがいいみたいです。
      私といえば、まだ2巻が手元にない状態、しかも、一巻はブログにも書いていましたが、しをんさんの作品とダブってしまって、どうにもいけませんでした。
      気を取り直して、2巻が手元に届く日を待ちたいと思います。
      • ゆう
      • 2006/11/27 3:03 PM
      こんばんは、ゆうさん。
      陸上競技の試合のことを書いてあるので、随分取材されているようです。試合のときの心理状態も出ていて、高校生の感情が覗えます。
      何も悪意な人が出てこないところがいいですよ。
      •  ゆうさんへ
      • 2006/11/27 6:02 PM
      こんにちは。
      取材の跡が十分に感じ取れました。
      手元に三冊ありますが、期限内に読めるか微妙です。
      丁寧な人物描写が物語に温かみを加えていましたね。
      次の巻が楽しみです。
      こんばんは、藍色さん。
      何か、爽やかな青春小説です。
      2、3巻も読んでみて下さい。
      脇役も読んでいて楽しかった。
      この本は、良かった。
      • 藍色さんへ
      • 2007/01/17 12:03 AM
       こんにちは♪
       TBどうもありがとうございました。
       (TBは第二部のほうがきていたんですが、
        まだ読んでいないので、こちらにコメントしますね^^)

       佐藤さん、いいですよー。
       もうすぐ映画公開の「しゃべれども しゃべれども」もいいし、 
       「黄色い目の魚」もオススメです☆
      こんばんは、miyukichiさん。
      すみませんでした。
      佐藤さん、読みたい、読みたいと思いつつ、まだ、この本だけしか読んでいないです。「しゃべれども しゃべれども」「黄色い目の魚」も読んでみたいですよ。
      • miyukichiさんへ
      • 2007/05/25 12:28 AM
      こんばんわ^^
      ようやく図書館で順番がまわってきたので読みました。
      こういうスポ根もの大好きです。
      私は運動部に入ってなかったので、羨ましさも感じますね。
      新二の気持ち、何だか凄くわかりましたね〜
      一生懸命練習しているのに、あんまり練習してない奴に負けるのってとっても悔しいし、私も緊張しいでトイレによく駆け込みますから^^;
      2部3部も楽しみにしています。
      • 苗坊
      • 2007/07/15 1:28 AM
      おはようございます。
      スポーツ小説であって純粋さもあっていいですね。
      2、3部と楽しみですよ。
      • 苗坊さんへ
      • 2007/07/15 9:41 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      春野台高校陸上部を舞台に繰り広げられた、スプリンターたちの熱い青春物語。三部作完結の第一部。 中学生時代に天才サッカー少年である兄と常に比較され、伸び悩んでいた新二と、走る事に関しては天性の才能を持つ連。 二人は同じ陸上部に所属、リレー走者としてのス
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/11/27 8:45 AM
      一瞬の風になれ 第一部 ―イチニツイテ―佐藤 多佳子 講談社 2006-08-26 中学まではサッカーをやっていた新二。サッカーの天才である兄・健一と自分を比べてばかりいた新二だが、高校に入学し、幼馴染の親友・連と一緒に陸上部に入部したことから、彼の中で何かが変
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2006/11/27 1:07 PM
      終わってしまった・・。いや、これで物語は終わりなんですが、 これは、「イチニツイテ」「ヨーイ」「ドン」、つまりここからまた始まる何かを 感じさせる、爽やかさ。この物語は、佐藤さんの代表作になるんじゃないか、 と思うほどの素敵な仕上がりです。
      • おいしい本箱Diary
      • 2006/11/29 1:01 AM
      一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-佐藤 多佳子 講談社 2006-08-26売り上げランキング : 684おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「速くなる」 ・・ただそれだけを目指して走る。 白い広い何もない、虚空に向かって…………。 春野台高校陸
      • まったり読書日記
      • 2007/01/11 7:41 PM
      カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 1989年「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞しデビュー。「イグアナくんのおじゃまな毎日」で98年産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、99
      • 粋な提案
      • 2007/01/16 1:50 PM
      第41回吉川英治文学賞は、 宮部みゆきさんの「名もなき毒」に決まりました。   また、第28回吉川英治文学新人賞には、 佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」全3巻です。   第41回吉川英治文学賞を受賞した宮部みゆきさんは、 「我らが隣人の犯罪」で
      • 及川的大人のブログ
      • 2007/03/02 9:51 PM
      一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ-- 佐藤 多佳子 何かに夢中になると自分の世界に入る人に ずーっと憧れてた いつの間にか世界に入れるようになった 楽しい サッカー部に未練を感じつつも友人の連の魅力にとりつかれ高校で入った陸上部 連はといえば
      • 柚子すき毎日
      • 2007/03/03 2:35 PM
      図書館で、100近い予約数だったんですよ><。書店で発見して、内容はその時よく見なかったんですが 売れてるみたいだから一応予約して。来るの遅いだろうなぁ・・・って思いながらも 待つことを決意。そうしたら 学校の図書室にて1,2巻を発見!即行借りて、1
      • NARUTO−ナルト−の館
      • 2007/03/17 1:04 PM
       佐藤多佳子:著 『一瞬の風になれ 1−イチニツイテ−』  一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--講談社このアイテムの詳細を見る  図書館に予約してから、半年間。  待ちに待って、ようやく回ってきました。  今度はちゃんと、1巻です♪  (ちなみに前回読
      • miyukichin’mu*me*mo*
      • 2007/05/23 12:27 AM
      一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ-- 主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。 サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連。 新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる。 夢は、
      • 苗坊の読書日記
      • 2007/07/15 1:27 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM