スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    雷の季節の終わりに 恒川 光太郎

    • 2006.11.04 Saturday
    • 19:39
    雷の季節の終わりに
    雷の季節の終わりに
    恒川 光太郎
      276 ★★★☆☆
    【雷の季節の終わりに】 恒川 光太郎 著  角川書店

     《あなたのそばにも異世界の人がいるのかも、でも何で…》

    帯文より
    現世から隠れて存在する地図には載っていない異世界・穏(おん)で暮らすみなしごの少年・賢也。彼には、かつて一緒に暮らしていた姉がいた。しかし姉は、ある年の雷の季節に行方不明になってしまう。
    姉の失跡と時を同じくして、賢也は「風わいわい」という姿の見えない物の怪に取憑かれる。風わいわいは、姉を失った賢也を励ましてくれたが、穏では「風わいわい憑き」の人間は忌み嫌われるため、賢也はその存在を隠し続けていた。
    ある日、賢也は、穏でも由緒正しい家系の一人息子・ナギヒサが殺人に手を染めているという証拠をつかんでしまう。しかしナギヒサは逆に賢也に殺人の罪をなすりつけ、賢也は穏を追われる身となる。「風わいわい」とともに、穏の外に出る決意をして賢也。彼らを待ち受けていたものは――。 


     前作が凄く良かったので、書店に平済みしてあるのを見かけたので買ってみた。前作のが短篇だったが、この作品は長編だ。しかし、章ごとに分かれていて読みやすくて分かりやすい。でも、どうだろうか、前作と比べて見ると、やっぱり前作の衝撃が大きかっただけに、?と感じてしまう。

     この作品は、異世界と現世界とを画いている。【風の古道】と感覚が似ていて、現世界とも繋がっている。異世界の仕来たりがもう一つわからない気がするが、現世界の中にもその異世界の人たちが入って来ていても驚かない気がしてくる。空間が何層に分かれていて、異世界の入り口がどこかにあるのだろう。現世界と異世界の軸がどんな風に回転しているのか、時間・時の流れが違うのか。現世界と異世界の人たちの感情・愛情はどんなように形成されているのか。
     この本、読みやすいが私のイメージが乏しいせいか異世界の風景が浮かばないのが難点である。表紙のようなところなんだろうか。幻想的なところではないでしょうか。
     異世界・穏(おん)では、雷の季節にはよく人が消えるという、それは…。もう読むしかないでしょう。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんは!
      なんだかもう冒頭の部分から引き込まれて、堪能できました。
      穏という世界が一体どんな世界なのか、少年の目線で捉え切れていないところは謎のまま残っちゃった感じで、もどかしいところはありますが、これはこれでいいかなぁ〜と思えました。
      「風の古道」と感覚似てましたよね。
      あの短編好きだったので、その点でもうれしかったです。
      こんばんは、エビノートさんへ。
      穏というところは、どんな感じの世界なんでしょうか。
      この地球にも、きっと穏の人がきているのかなー。
      この作品にも惹きこまれました。
      • エビノートさんへ
      • 2006/11/18 11:27 PM
      おはようございます。モンガさん。
      私も人物の想像は出来たのですが、その情景が頭に浮かびませんでした。
      前作は浮かんだのですが・・・・・・
      • ゆう
      • 2006/12/08 8:45 AM
      こんばんは、ゆうさん!
      楽しく読めたのですが、やはり前作が私には衝撃的
      でしたので、でも良かったです。
      異世界・穏というところにのイメージが作家にはあるので
      しょうか。
      • ゆうさんへ
      • 2006/12/08 6:13 PM
      もっと穏での話を読みたかったなという気がします。
      『夜市』ほどの衝撃はなかったけれど、好きな世界観でした。
      もっともっとこういう作品世界を広げていって欲しい作家さんであり、
      これからも活躍期待したいなぁと思いました。
      こんばんは、雪芽さん。
      『夜市』を読んでしまったら、衝撃度は少ないですね。
      情景が、どんな風景かが想像すると読んでいて楽しくもありました。
      本当に、つぎはどんな話かに期待したいですね。
      • 雪芽さんへ
      • 2006/12/10 11:53 PM
      モンガさん☆トラバ&コメントありがとうございました。
      『穏』ってわたしのイメージではアーミッシュの村みたいなのかなぁという感じなのです。(もちろん家並みはかなり違うだろうけど、雰囲気が近いんじゃないかと思うんです。)
      不思議な世界観はさすがだなぁと思いました。
      • Roko
      • 2007/01/18 12:53 AM
      こんばんは、Rokoさん。

      アーミッシュ村か!、電気もなく、馬車が通っている、
      そんな感じの印象か、なるほど。
      『穏』、どんなところだろうか。
      昔の書物に人間が動物になっているのがあるが、
      そんなイメージなのかなー、と思ったりします。
      • Rokoさんへ
      • 2007/01/19 11:48 PM
      モンガさん、こんばんは。

      穏の世界、よかったですね。
      真也の物語は好きだったのですが
      ここまで広げなくてもよかったんじゃないかな…って思いました。
      次の作品も楽しみですね。
      こんばんは、ななさん。
      この本は、良かったですね。
      ちょっと壮大になりすぎの感がありましね。
      また、こんな本が出るのでしょうか。
      • ななさんへ
      • 2007/03/14 10:49 PM
      常々、恒川さんの作品を長編で堪能したいと思っていたので、嬉しかったです。でもせっかくの長編だったのに、トバムネキや謎の大学生が終盤で出てきて、どうも中途半端に終わってしまったような気がします。そこももう少し読みたかったですね。
      • じゃじゃまま
      • 2008/01/14 4:43 PM
      おはようございます。
      そうですね、終盤が、言われてみれば、…。
      今度の新作もこういうものなんでしょうか。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2008/01/15 9:03 AM
      モンガさん、こんにちは

      >この本、読みやすいが異世界の風景が浮かばないのが難点である。表紙のようなところなんだろうか。幻想的なところではないでしょうか。

      妙に納得してしまいました。
      私も読み終わって表紙を見て、あぁこういうところだったんだ、とずれを修正した感じがあったので。
      でも、装丁もこの本も気に入ってます(^^)
      こんにちは。
      異次元の空間とは、どんな世界か。
      どんな色の世界なんでしょうか。
      • sonatineさんへ
      • 2008/03/16 10:25 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      雷の季節の終わりに ≪内容≫ 現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。 彼にはかつて一緒に暮らしていた姉がいた。 しかし、姉はある年の雷の季節に行方不明になってしまう。 姉の失踪と同時に、賢也は「風わいわい」という物の怪に取り憑かれる
      • まったり読書日記
      • 2006/11/18 2:13 PM
      現世には存在しない「穏」という町で暮らす賢也。 「風わいわい」という物の怪に憑りつかれている事を隠しつつ暮らしていた賢也であるが、ある秘密を知ってしまったために、穏を追われる破目となったしまった・・・。 異世界を描写するに当たっての細々した小道具遣い
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/12/08 8:44 AM
      雷の季節の終わりに 恒川 光太郎 デビュー作の『夜市』を読みたいと常々思いつつ、買うでもなく借りるでもなく時が過ぎていくうちに、書店に並ぶ新刊を目にした。前作同様、目を引く美しい色合いの装丁である。2作目に急かされるようにして、2冊まとめて購入してみ
      • コンパス・ローズ 
      • 2006/12/10 6:38 PM
      雷の季節の終わりに これはすごかったです!何がってこれだけしっかりした異世界が出来上がっているのにまず驚きました。読みながら「穏」という世界がありありと想像できてしまうのです。そして「穏」のノスタルジックな風景や謎にひかれて読むうちに、するりと私た
      • 本のある生活
      • 2007/01/08 10:36 PM
      雷の季節の終わりにposted with amazlet on 07.01.1
      • ついてる日記?
      • 2007/01/18 12:47 AM
      雷の季節の終わりにposted with 簡単リンクくん at 2007. 1.18恒川 光太郎著角川書店 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
      • 今日何読んだ?どうだった??
      • 2007/02/01 8:31 PM
      「私」:賢也が少年時代を過ごしたそこは、地図に載っていない町「穏」。雷季には鬼が人を攫い、人間に取り憑く「風わいわい」が来る町。 この世と隣り合わせにある異世界「穏」。前作の『夜市』や『風の古道』も、この「穏」に属するものなのかな…と思いました。そし
      • 宙の本棚
      • 2007/03/10 9:47 PM
      雷の季節の終わりに 恒川 光太郎 地図にも載っていない、「穏」と呼ばれる土地に住む賢也。雷季に姉を亡くし、隣に住む老夫婦に面倒を見てもらっている。いじめられていた賢也にも穂高と遼雲という友達もでき、幸せに暮らしていた。ところがある事件をきっかけに
      • ナナメモ
      • 2007/03/14 10:43 PM
      雷の季節の終わりに恒川 光太郎 (2006/11)角川書店 この商品の詳細を見る 地図にも載らず、現世から存在を隠されている”穏”という町で暮らす少年賢也。 “穏”という街には、春夏秋冬の他にもう1つ雷の季節があった。 彼に
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/05/16 5:08 PM
      初めて恒川氏の長編読んだ。なるほど、今まで彼の書く不思議な空間の物語、是非長編で味わいたいと思っていたけど、こうなるのか。 日本ではない、そしてちょっとずれた異空間にある国、穏。文明の発達してないちょっと古びた町をイメージした。 穏では、四季の他に雷
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2008/01/14 4:30 PM
      雷の季節の終わりに恒川 光太郎Amazonランキング:116059位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 異世界の小さな町、...
      • 寝ていられるのになぜ起きる?
      • 2008/03/12 6:27 PM
      雷の季節の終わりに ■やぎっちょ読書感想文 短編の、方が・・・好きかも あ〜いえいえ、この本が嫌いなのではありませんよ。まったまった! 短編が異界に迷い込む方程式なのに対して、この本では矢印が異界から下界へと向いています。下界というのはこの本の言
      • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
      • 2008/06/27 12:11 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM