スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    北緯四十三度の神話  浅倉 卓弥

    • 2006.11.12 Sunday
    • 18:27
    北緯四十三度の神話
    北緯四十三度の神話
    浅倉 卓弥
     284 ★★★☆☆
     【北緯四十三度の神話】 浅倉 卓弥 著  文藝春秋

     《心の雪解けは必ず訪れる。》

     内容(「BOOK」データベースより)
    雪深い町で育った桜庭菜穂子、和貴子姉妹。姉の菜穂子は地元の大学に進学し、そのまま大学の助手を、妹・和貴子は東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ局でDJをしている。姉が中学時代に淡い想いを抱いていたクラスメート・樫村と和貴子が婚約したことを発端に二人の心の溝は広がっていったが―。雪国を舞台に姉妹の心の成長と和解を描いた感動の物語。


     姉・桜庭菜穂子と妹・桜庭和貴子との姉妹に起きるちょっとしたことで心の溝が年々に広がっていったのだが、…。両親の事故死と共に姉妹の心にも変化がもたらしてくる。
     姉妹の日常をリアルに画いている。特に姉・菜穂子の長女としての心の持ち方がわかるようである。妹の思いを一番にして、自分・姉の考えを押さえているような書き方である。妹は、姉を見て成長する、しかしどうしても叶わないとわかるとライバル視が違ったところに出てきたりするものだ。どんな手を使って二人の和解が図れるのかが読んでいて待ち遠しい気になる。兄弟なら腹を割って話せることが出来ないのが読んでいていじらしく感じる。
     妹・和貴子が勤めるラジオ局でパーソナリティの内容が懐かしい。そこで投書を使っている演出が、なるほどそんな手があるのかとも思った。
      姉妹の心の成長と和解を画いた作品だが、前ぶりが長いのだが、それを感じさせないのだ。良くできた作品だと思う。ただ、題名に使われている北緯四十三度というのがコジツケみたいに感じってしまうのだが。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      TBありがとうございます。今日たまたま、知人とこの作品、この作家の話をしやばかりのTBに驚いています。たぶん、この作品はいつまでも感動を残す作品だと思います。
      自分のレビューを読み返して、間違えて使った言葉「掌編」が残っていて、直さなきゃぁと思いました。日本語は難しい。
      モンガさんこんばんは。
      姉という立場としての菜穂子の気持ちが絡んで書かれていたので、もどかしい思いもありました。
      投書はいいアイデアでしたよね。
      ラストのラジオ局での和貴子の思いやりに感動しました。
      こんばんは、すのさん。
      日本語の表現・漢字は難しいですね。
      私なども一杯間違っているようです。

      この本は、良かったですよ。
      • すのさんへ
      • 2006/11/12 10:45 PM
      こんばんは、琉歌さん。
      本当ですね、長女・菜穂子の気持ちがもどかしい面が
      ありましたね。でも、良かったですよ。
      • 2006/11/12 10:48 PM
      こんばんは、モンガさん。
      雪に閉ざされる街と、姉妹の心の雪解けを描いて、感動の残る作品でした。
      自分の住んでいる街が舞台だったので、なおさら身近な作品という感じがします。
      北緯四十三度は本の表紙に描かれているテレビ塔のある街札幌の緯度でもあります。
      モンガさん、こんばんは。
      姉妹の心のわだかまりと和解・・・
      日常のドラマをていねいに描いていましたね。
      こころに余韻が残る、いいお話でした。
      こんばんは、雪芽さん。
      北緯43度と言うのは、札幌のシンボルなんですね。
      もう、札幌は雪なんですか。
      姉妹の感情がリアルでした。
      • 雪芽さんへ
      • 2006/11/13 7:13 PM
      藍色さん、こんばんは。
      本当に姉妹の日常がリアルでした。
      姉の感情が特にリアルに感じ、もどかしさも感じました。
      DJなんか使っているのが新鮮な気もしました。
      • 藍色さんへ
      • 2006/11/13 7:19 PM
      こんばんは!
      姉妹の心の動きが伝わってくる作品でしたね。
      雪深い街の描写も作品の中に上手く溶け込んでいたと思います。
      心があったかくなる作品でした。
      こんばんは、エビノートさん。
      雪深い街、心の雪解け、札幌には、こんな姉妹が一杯いるようでした。
      雪降る日に、ラジオのDJに耳を傾ける、絵になるなー。
      良かったですよ。
      • エビノートさんへ
      • 2006/11/14 12:38 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「北緯四十三度の神話」浅倉卓弥(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、姉妹、恋愛、青春 雪深い、北緯43度の街の物語。女のくせにと思われながら大学で助手をしながら、生物工学の研究を続ける桜庭菜穂子、28歳。両親を中学の頃事故で亡くし、ひとつ違いの妹、和
      • 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
      • 2006/11/12 8:22 PM
      「四日間の奇蹟」を読んであの文章構成表現に惹かれたのでこの作者の別の作品を読んでみたいと思っていてようやく読めました。 一人の男性を好きになってしまった姉菜穂子、妹和貴子の姉妹のお話なんですが・・・いろいろとあるわけですよ。 普通にそんな展開になっ
      • BOOKCASE
      • 2006/11/12 8:38 PM
      浅倉 卓弥 北緯四十三度に位置する北の街は、いま長い冬のただ中にある。すべてを包み込むように白い雪に覆われた風景。先の見えない吹雪の中を歩めば、どこか異界に運ばれるようでもある。 浅倉卓弥の「北緯四十三度の神話」の主人公は、桜庭菜穂子と和貴子の
      • コンパス・ローズ 
      • 2006/11/12 11:41 PM
      装画は漆原冬児。2002年、第1回「このミステリーがすごい」大賞の大賞金賞を「四日間の奇跡」で受賞、作家デビュー。その後「君の名残を」「雪の夜話」を手がけてきた浅倉卓弥の新作。 北海道・札幌で祖父祖母の家に住む
      • 粋な提案
      • 2006/11/13 1:08 AM
      札幌を舞台に、姉妹間の絆の再生を瑞々しく描いた冬の物語。 亡くなった一人の男性の思い出を軸に、複雑に揺れ動く姉妹の心模様が繊細に描かれていた。 幼い頃に両親を亡くしてしまった二人が、悲しみに屈しないように強く生きてきた凛々しい姿も印象的だった。 また
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/11/13 8:50 AM
      北緯四十三度の神話浅倉 卓弥 文藝春秋 2005-12 桜庭菜穂子と和貴子は一つ違いの姉妹。地元の大学に進学し、そのまま大学の助手を勤める菜穂子。東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ局でDJをしている和貴子。様々な出来事の中で、いつの間にか広がってしまった二
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2006/11/13 11:25 AM
      北緯四十三度の神話浅倉 卓弥 文藝春秋 2005-12by G-Tools 幼い頃に両親をなくし、祖父母の元で暮してきた、菜穂子と和貴子の姉妹。姉の菜穂子は地元の大学に進学し、そのまま大学で遺伝子の研究を続けています。妹の和貴子は東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ
      • 本を読んだら・・・by ゆうき
      • 2006/11/13 1:37 PM
      2005年に読んだ本です。 これ、良かったよ 北緯四十三度の神話 雪深い町で育った桜庭菜穂子、和貴子姉妹。 姉の菜穂子は地元の大学に進学し、そのまま大学の助手を、妹・和貴子は東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ局でDJをしている。 姉が中学時代に淡
      • まったり読書日記
      • 2006/11/13 9:46 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM