スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    風が強く吹いている  三浦 しをん

    • 2006.11.07 Tuesday
    • 00:02
    風が強く吹いている
    風が強く吹いている
    三浦 しをん
     278 ★★★★★
     【風が強く吹いている】 三浦 しをん 著  新潮社

     《テレビで見る箱根駅伝より300倍の感動をもらえます!》

     内容(「BOOK」データベースより)
    箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「頂点」をめざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた書下ろし1200枚!超ストレートな青春小説。最強の直木賞受賞第一作。


     駅伝、マラソンとか、テレビで放送されるのを見ていると走るのっていいなー、と思って単純に走ってみるか、と思う。
     そこには、苦痛があるが、ましてそれに上回る喜びがあるのだ。たとえば、最初100mで息も絶え絶えだったのが、徐々に伸ばして1kmを息も楽にして走れるようになっていく。冬の冷たい風も体に心地よい。あーあ、生きているんだー感じる瞬間でもある。俺もやれるんだ、と思った頃に膝が足に違和感を覚えてきて挫折してしまうのだ。これが一般人の感覚である。それから、どうするかでジョギングという趣味を見付けだせるのだが、いつも挫折する、精神力とかの欠如なのだ。それは私だけか。

     人は、何故走るのか、という素朴な疑問に答えてくれる本でもあった。

     大学生・素人集団が箱根駅伝を目指していく物語である。
     10人のキャラを巧く取り入れてあり、走ることの楽しさが読みながら読者も同調しなら進んでいく感じだ。箱根駅伝のスタートに着くころには、ランナーズハイ、いやリーディングハイになって完全に幻覚に似た高揚が高まってくる。胸がワクワク感に高ぶってくる。何故か、涙が、涙が。もう一気読みに一気読みになってくる。
     超ストレートな大型青春小説、いやそうじゃない超ストレートな友情青春小説。
    コジツケ大学予想
    1.六道大⇒駒沢大
    2.房総大⇒日大
    3.横浜大⇒神奈川大◎
    4.甲府学院大⇒山梨学院大
    5.西京大⇒国学院大
    6.動地堂大⇒順天堂大◎
    7.城南文化大⇒大東文化大◎
    8.東京学院大⇒中央学院大◎
    9.あけぼの大⇒東洋大
    10.北関東大⇒城西大◎
    11・ユーラシア大⇒亜細亜大
    12.前橋工科大⇒東海大
    13.新星大⇒国士舘大
    14.大和大⇒早稲田大◎
    15.寛政大⇒法政大◎
    16.東体大⇒日体大◎
    17.喜久井大⇒明治大
    18.帝東大⇒帝京大◎
    19.真中大⇒中央大◎

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      おはようございます。モンガさん。
      絶賛ですね♪オススメしてよかったです♪
      私は、何よりも走っている場面が、体感できた事がうれしかったです。
      凄いですよね、ただ走っているのに、その場面をここまで文字で表現できるなんて!
      TBさせていただきました。
      • ゆう
      • 2006/11/07 9:11 AM
      こんばんは、ゆうさん。
      良かったです、走ることを体感できて、感動して、ゴールしました。
      • ゆうさんへ
      • 2006/11/07 10:42 PM
      箱根駅伝は今までさほど関心なく、ちゃんと見たこともなかったですが、来年のお正月は興味を持って見ていそうです。
      読み終えて、とても幸せな気分になれるお話でした。
      あ!私もやりました「こじつけ大学予想」!わりと似た結果です(笑)。ついやっちゃいますよね〜!
      走るのはだいっ嫌いなんですが、読書を通して走ることの素晴らしさというのを教えてもらったような気がします。
      自分で走ろうとは思いませんが、駅伝のTV中継をより一層楽しめそうです。
      こんばんは、小葉さん。
      この本で箱根駅伝の視聴率が大幅に上がることは間違いないでしょう。
      • 小葉さんへ
      • 2006/11/08 9:23 PM
      こんばんは、chiekoaさん。
      こじつけ大学予想、去年の出場で専修大が抜けて法政大が入っています。法政大を取材してありますので、やっぱり寛政大は法政大でしょうか。
      • chiekoaさんへ
      • 2006/11/08 9:29 PM
      こんばんは、エビノートさん。
      ゆっくりでいいから、10mから初めて走るというより早歩きでもいいですから、風を感じて気持ち良いですよ。
      • エビノートさん
      • 2006/11/08 9:33 PM
      コジツケ大学予想、面白いです!!
      箱根は大好きですが、来年はいつもより一生懸命見てしまうかもしれません・・。
      こんばんは、ERIさん。
      良かったですね。
      10人と一緒に走って、感動しました。
      • ERIさんへ
      • 2006/11/08 11:47 PM
      こんばんは。
      自分で走るよりTVで応援派です。でも、走ってみたくなりました。
      珍しく読んでて体力使ったような気になった本でもあります。
      すっかり感情移入して読みました。
      こんばんは、雪芽さん。
      《》珍しく読んでて体力使ったような気になった本でもあります。《》
      なるほど、そうなんですよね。
      でも、心地よい気分でしたよ。
      • 雪芽さんへ
      • 2006/11/14 12:33 AM
      こんにちは。
      TBさせていただきました。
      素敵な作品でしたね。
      箱根フリークの私は、多少偏見を持ってしまっていたのですが、裏切られました。
      素晴らしかったです。
      箱根駅伝の章は、ドキドキしながら読んでました。
      無事に走りぬいてくれ、って思っちゃいました^^
      コジツケ予想凄いですね。
      甲府学院大⇒山梨学院大
      城南文化大⇒大東文化大
      ユーラシア大⇒亜細亜大
      くらいしか、私は想像できませんでした^^;
      こんばんは、苗坊さん。
      そうですね、私も箱根駅伝で、という気持ちがありました。
      箱根駅伝が始まったら、一気読みでした。
      泣いて、笑って、感動して、ゴールしました。
      • 苗坊さんへ
      • 2006/11/15 11:27 PM
      モンガさん、この作品を勧めて下さってありがとうございます。
      よかったですー。
      大学名は、私もいろいろこじつけましたが、わからないのも結構ありました。
      なるほどー。寛政大学は法政ですか。
      私は年号だから明治とか慶応かななんて思ってました。
      • june
      • 2006/12/10 12:08 AM
      こんばんは、juneさん。
      ベタなのに、夢みたのに、感動する。
      しをんさんがスゴイのか、箱根駅伝がスゴイのか。
      喜久井大⇒明治大は、菊が明治かと思いました。
      • juneさんへ
      • 2006/12/10 1:44 AM
      頂点がみえたかい?って・・・ 涙が止まりませんでした。本当に電車で読んでいてもなぜか涙が出てきて仕方ありませんでした。泣くところではないようなところでも涙が。自分のベストを尽くすことの大切さを改めて思い知らされました。もう一度読んでみたい作品です。
      • ユキ
      • 2007/01/20 9:40 PM
      こんばんは、ユキさん。
      本当に涙、涙でした。
      何でしょうかね。
      楽しくてしょうがない本でした。
      • ユキさんへ
      • 2007/01/20 11:03 PM
      モンガさん☆おもしろかったぁ!
      わたしは、神童のフィニッシュシーンで思わず瞼が熱くなってしまいました。(^^ゞ
      仲間がいるという心強さが、不可能を可能にしてしまったんですよね!
      • Roko
      • 2007/01/27 1:59 PM
      こんばんは、Rokoさん。
      楽しくて、面白くて、何故かちょっと切なくて、
      時間を忘れて読んでいました。
      仲間がいて、襷があって、絆が出来る。
      本当に良かったです。
      • Rokoさんへ
      • 2007/01/27 7:45 PM
      モンガさん はじめまして♪TBありがとうございました。
      熱くなって興奮して、それでいて涙うるうるもしてというすごい本でした。
      コジツケ大学予想面白いですね(笑) 箱根駅伝はあまり知らないので全然わかりませんでした。来年はテレビで箱根を見たいと思います。(^^ゞ
      こんばんは、板栗香さん。
      良かったですね、この本は。
      楽しいキャラな人がいて、その名前付け方も
      しをんさんらしいものでした。
      今後共よろしくお願いします。
      • 板栗香さんへ
      • 2007/02/14 9:14 PM
       まさに一気読みでした。
       すっごくよかったです!

       大学変換、関西の私にはほとんどわかりませんでしたが
       モンガさんの予想を読んでいてなるほどーでした^^
      こんばんは。
      本当に一気読みでした。
      読みながら走っている感じでした。
      ゴールして感動しましたよ。
      • miyukichiさんへ
      • 2007/07/17 12:31 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      同じアパートに住むようになった寛政大学の10人の学生。 清瀬灰二の提案で、陸上の経験が全くない者を含む他の9人と共に箱根駅伝に出場し、その頂点を目指すスポーツ青春物語。 名もなく、補欠すら立てられない弱小チームの、その無謀とも言える挑戦・・・。 一見、
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/11/07 9:09 AM
      風が強く吹いている 三浦 しをん 寛政大学4年の清瀬灰二は肌寒い三月、すばらしい「走り」で万引きしたお店から逃げていく蔵原走に出くわし、自転車で追いかける。運命の人に出会ったのだ。 スポーツの秋です!体力の全くない私。子供の運動会のビデオを撮る
      • ナナメモ
      • 2006/11/07 11:05 PM
      装画・挿画は山口晃。装幀は新潮社装幀室。 寛政大学四年生、清瀬灰二は銭湯からの帰り道、万引きした男の走りに目を奪われ、自転車で追跡。無一文の万引き犯で、四月から後輩になる蔵原走(カケル)に自分が住んでいるアパート、
      • 粋な提案
      • 2006/11/08 2:44 AM
      陸上ブーム? 高校の陸上部を描いた佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」で、すっかり高校生の「走り」に魅せられ、読了後しばし放心状態。もっともっと読みたい、「走る」若者達を見ていたい…そんな気持ちの時に本書の評判を聞きました。寄せ集めの即席陸上部で箱根
      • 宙の本棚
      • 2006/11/08 9:01 AM
      風が強く吹いている三浦 しをん 新潮社 2006-09-21 「箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。」 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2006/11/08 11:28 AM
      風が強く吹いている ≪内容≫ 箱根の山は蜃気楼ではない。 襷をつないで上っていける、俺たちなら。 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。 奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根
      • まったり読書日記
      • 2006/11/08 8:54 PM
      三浦さんの新作が箱根駅伝の話とは意表を突かれました。 スポーツ物は初めて・・だと思うんですが。 これが、面白かった!!三浦さんの新しい一面を見せてもらいました。 こう・・こんな事いって偉そうなんですが、書きたいことと作品のバランスが 良くなってきた、
      • おいしい本箱Diary
      • 2006/11/08 11:18 PM
      風が強く吹いている発売元: 新潮社価格: ¥ 1,890発売日: 2006/09/21売上ランキング: 1949おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/04 のっけからすっごいえらそうなこと書きます。 直木賞作家に何を言うかって感じですけど、何様?なのはいつものことなん
      • 本を読む女。改訂版
      • 2006/11/12 10:34 AM
      風が強く吹いている 三浦 しをん 数ある大学駅伝の中で、もっとも苛酷なレースを強いられるのが、毎年1月の2、3日に行なわれる箱根駅伝だろう。なんといってもひと区間の距離が長い。各選手20キロ前後の道のりを走らなければならない。5区と6区には箱根の山登りと山
      • コンパス・ローズ 
      • 2006/11/13 8:18 PM
      風が強く吹いている 三浦 しをん 新潮社 2006-09-21 面白かった!面白かった!面白かった!感動した!以上!と、やたら“!”マークが出てしまう1冊。三浦しをんファンではない人にも、性別や年齢を問わず、オススメできる小説。 駅伝というチョイスは珍しい
      • 本を読んだら・・・by ゆうき
      • 2006/11/14 1:10 PM
      風が強く吹いている オススメ! 箱根の山は蜃気楼ではない。 襷をつないで上っていける、俺たちなら。 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。 奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根
      • 苗坊の読書日記
      • 2006/11/15 1:33 PM
      風が強く吹いている うぉー!これは良かったです!みなさんがあまりに熱心に勧めてくださるんで、期待しすぎてがっかりしたらどうしよう・・と思ったりしてたんですが、期待以上でした。ここは泣くところじゃないだろうと思うようなところでも、途中何度も何度もじわ
      • 本のある生活
      • 2006/12/10 10:57 AM
      風が強く吹いているposted with amazlet on 07.01.2
      • ついてる日記?
      • 2007/01/27 2:00 PM
      年末年始少し長めの休みをとることにしていたので、休み中に読もうと年末に買ったまま、結局読まないまま「積ん読」になっていた本が何冊かある。『風が強く吹いている』(三浦しをん著、新潮社)もその1冊。TBSの「王様のブランチ」で、箱根駅伝を舞台にした話と聞き
      • 栄枯盛衰・前途洋洋
      • 2007/02/07 11:56 PM
      風が強く吹いている 三浦 しをん オンボロアパート竹青荘に住む10人の面々は、清瀬灰二のひと声で箱根駅伝を目指す事になる。最初は渋っていたメンバー達も楽しさに目覚め次第に本気になっていく。陸上経験者もいるがほとんどド素人で、しかもたった10人で箱
      • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
      • 2007/02/14 11:03 AM
      風が強く吹いている この本は雪芽さん、リサさん、弥勒さん、tomekitiさんにオススメしてもらいました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 目の熱い熱いお話でした。 上アゴと下アゴをグッとかみしめ、最後の方は手が揺れるんですよ。走っているみたい
      • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
      • 2007/03/12 8:25 PM
      遅くなってすみませんでした。新刊本ベスト投票2006、投票締め切って集計しました。 総勢90名の方に投票いただきまして、たくさんの本好きな方に選んでいただけて、 信頼度の高い結果が出せたと思います。どうもありがとうございました。 さて、早速、気になるベス
      • 読者大賞blog
      • 2007/03/19 11:11 PM
      風が強く吹いている  感想☆☆☆☆ 三浦しをん 新潮社  読者大賞の候補作をまた読みました。  対象を取った「一瞬の風になれ」と同じく  陸上競技をテーマにした小説ですが、  ショートスプリントの「一瞬の風になれ」に対して、  「風が強く吹いている」
      • ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ 
      • 2007/04/27 12:20 AM
      風が強く吹いている 三浦しをん 新潮社 2006年9月 万引きをして逃げていた蔵原走は、若い男に声をかけられる。清瀬灰二と名乗る男は、同じ寛政大学と知り、竹青荘を紹介される。竹青荘の住民が10人になったことから、ハイジ(灰二)は、箱根駅伝出場
      • <花>の本と映画の感想
      • 2007/05/29 4:55 PM
      風が強く吹いている 出版社: 新潮社 (2006/9/21) ISBN-10: 4104541044 評価:90点 随分と待って、やっと図書館で借りることができた。 理屈抜きに面白い。 ボロアパート(竹青荘)に住んでいる10人の寛政大学生。3人を除いて陸上競技には縁のなかった素人
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2007/06/13 12:33 AM
       三浦しをん:著 『風が強く吹いている』  風が強く吹いている新潮社このアイテムの詳細を見る  こないだ読んだのはエッセイだったので、  小説としてはこれが初のしをんさんの作品でした。    いい、いい、とは聞いていたので  かなり期待して読んだんですけど
      • miyukichin’mu*me*mo*
      • 2007/07/16 12:45 PM
      風が強く吹いている三浦 しをん (2006/09/21)新潮社 この商品の詳細を見る 寛政大学そばにある竹青荘というおんぼろアパートは、実は寛政陸上部の合宿所であった。 なにも知らない学生たち9人が住む竹青荘。ハイジはついに1
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/07/25 5:35 PM
      風が強く吹いている/三浦 しをん 三浦しをん 新潮社 2006 STORY:  大学入学を控えた走は万引きをして逃げている最中にハイジに見初められ、竹青荘というボロアパートへ連れて行かれる。ハイジに促されるまま、竹青荘の住人たちはたった10人で、箱根駅伝
      • 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)
      • 2007/08/30 2:23 PM
      『風が強く吹いている』 三浦しをん この本は、やりかけの仕事の合間に開いてはいけません。 寝る直前にも開いては いけません。 特に、翌日朝早い予定があるときは要注意。 ってくらい、読み出したら止まらないのです。   ボロアパート竹青荘に下宿している大学生
      • 勝手に装丁室
      • 2007/12/26 3:32 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM