スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    終末のフール  伊坂 幸太郎

    • 2006.11.03 Friday
    • 23:49
    終末のフール
    終末のフール
    伊坂 幸太郎
     275 ★★★☆☆
     【終末のフール】 伊坂 幸太郎 著  集英社

     《「終末のフール」のフールって、(fool)愚か者って意味なの?》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。
    2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地に住む人々は、いかにそれぞれの人生を送るのか? 傑作連作短編集。


     「終末のフール」「太陽のシール」「籠城のビール」「冬眠のガール」「鋼鉄のウール」「天体のヨール」「演劇のオール」「深海のポール」 8編。

     帯文より
    わたしは簡単には許さないですから (「終末のフール」静江60代)
    子供を生んでればって後悔しないかなあ (「太陽のシール」富士夫30代)
    どうして逃げてるのかな、悪くないのに (「籠城のビール」暁子10代)
    恋愛ってのは都合よくはじまることもあるんだよ (「冬眠のガール」小松崎20代)
    明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか? (「鋼鉄のウール」苗場30代)
    俺は自分で納得するために復習をした (「天体のヨール」矢部40代)
    許しを乞う相手すら思い浮かばない (「演劇のオール」倫理子20代)
    死ぬより怖いことはたくさんある (「深海のポール」土屋30代)
      世界が終わる前の、叫びとため息。8つの物語。

     「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されてから、5年後の設定であるが3年間でこんな風(落ち着いて)になってしまうのか、もっともっと荒廃されているのでは、と思ってしまった、街も心もだが。
     伊坂さんの本を読むときに、体調がいまいちのせいかこの本も普通っぽく思えてしまうが、もっと違ったイメージを持ちすぎているせいだろうか。世の終わりだから、死の恐怖の世界だから、こんな風な書き方が案外良かったのかも知れないが。
     でも、集英社のこのサイトを見ると、やはり伊坂さんの物凄さを感じてしまう。余談だが、隠しキャラをあとふたつを見つけることが出来ないでいる。
     シンプルな家族の「終末のフール」、「冬眠のガール」、「鋼鉄のウール」、「演劇のオール」などが良かった。
     結論として、何だろうか、「今を目一杯に生きる、前向きに!!」になってしまうのだが。


    まったくの余談だが、
    数年前に、テポドン?かがこの舞台になっている仙台を通り越して太平洋に落ちたことがあったので、極端だがいつも死ぬこととは直ぐ近くにもあるのだろうか。

     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      やだ、やめてくださいよテポドンが落ちる話は(笑)。よく家族で冗談にはしてますけどね。「いつミサイルが落ちてくるかわからないから悔いなく生きようね(笑)」みたいな。
      モンガさん、こんにちは。
      私が読んだのは、帯なしの図書館本でしたが、
      帯文に各編の内容が集約されていたんですねー。
      あれれ、もしかしてテポドンが
      作品の元ネタなんでしょうか?。
      モンガさん、こんにちは。
      TBさせてもらいました。
      私もサイト、行きました〜。
      面白くって夢中でやりました。
      全部見つけ出したのですが、残念ながらさっぱり覚えてません。
      また、行ってみようかな。。。
      ばんどらさん、こんばんは。
      この本を読んで、直ぐに思ったんです、何か太平洋に落ちたことがあったと言うことを。
      • ばんどらさんへ
      • 2006/11/04 9:55 PM
      こんばんは、藍色さん。
      残り少ない時間というのに、不思議と落ち着いてみえましたが、どうなんでしょうか。
      作品の元、それはないでしょう?。
      • 藍色さんへ
      • 2006/11/04 10:06 PM
      こんばんは、sonatineさん。
      サイト、全部見つけられませんでした。
      各章の考え方が書いてあって、なるほどと思ってしまいました。
      私は、単純に感想を書きますが、作者はいろいろと思い巡らしているんですね。
      • sonatineさんへ
      • 2006/11/04 10:09 PM
      帯の文章がそれぞれに印象的でしたね〜
      自分だったらと考えながら読み、死についてとか、生きることについてとかしみじみと考えてしまいました。
      おはようございます。
      あと3年考えてしまいますね。
      それぞれ良かったです。
      • エビノートさんへ
      • 2006/11/05 10:58 AM
      難しく考えてなかったんですけど、各章の考え方なんてあるんですか?
      あと3年なら、家族で一緒に迎えたいな〜。「ディープインパクト」でも和解した父娘が一緒にってシーン、一番涙でした。
      伊坂作品初めてなんですけど、お勧めですか?
      • じゃじゃまま
      • 2006/11/27 10:26 PM
      こんばんは、じゃじゃままさん。
      伊坂さんのファンは、多いですね。直木賞ときなんか、すごいファンが多いことに驚かせれます。私は何冊しか読んでいないんですが、印象的には、ちょっと洒落ていてカルイかなーという感じがします。「ラッシュライフ」は好きです。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2006/11/27 10:43 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「8年後、地球に小惑星が衝突する」というSF的な設定が私は怖くてダメで、世間の皆さんが「【終末のフール】、そんなに怖くないよ。すごく良いよ」と言っているにも関わらず、ずっと避けて通ってきた。 が、本書を図書館
      • ぱんどら日記
      • 2006/11/04 10:21 AM
      立体:引地渉。撮影:高橋和海。ブックデザイン:鈴木成一デザイン室。 2000年「オーデュポンの祈り」で第五回新潮ミステリークラブ賞、2004年「アヒルと鴨のコインロッカー」で第二五回吉川英治文学新人賞、短編「死
      • 粋な提案
      • 2006/11/04 12:05 PM
      死神の精度伊坂 幸太郎 文藝春秋 2005-06-28売り上げランキング : 981おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 音楽好きの、人情味のないクールな死神が出会った6つの物語。 エンターテイメント性の強い作品でした。 恋
      • 寝ていられるのになぜ起きる?
      • 2006/11/04 8:11 PM
      「あと3年で世界が終わるなら、何をしますか?」 という本の紹介に出てきた言葉、本を開く前にしみじみと考えてしまいました。 地球が滅亡すると分かったら、私ならどんな行動に出るんだろう? 世を儚んで自殺する? 自暴自棄になって、無闇に商店を襲ったり、攻撃
      • まったり読書日記
      • 2006/11/04 11:49 PM
      終末のフール 新刊書を手に入れて読むのが遅い私が、今回何故こんなに早く伊坂さんの新作を読んだかというと・・じゃーん!買ってしまったのですー!単行本は経済的&収納の問題でめったに買わないのですが、この頃の伊坂さんには、すっかり参ってしまっているので、
      • 本のある生活
      • 2006/11/04 11:53 PM
      終末のフール伊坂 幸太郎 集英社 2006-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」 発表されてから地球には混乱が訪れた。 犯罪がはびこり、社会の秩序が乱れ世界は崩壊
      • 本読み日記
      • 2006/11/05 11:48 AM
      終末のフール 伊坂 幸太郎 「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」そんな発表から5年。発表直後からの略奪や殺人、自殺などの大混乱が収まり、奇妙な穏やかさを取り戻す。「その日」まで後3年。仙台市北部の団地「ヒルズタウン」の住人8人の物語。
      • ナナメモ
      • 2006/11/06 9:18 AM
      終末のフール伊坂 幸太郎 集英社 2006-03 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。 2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、
      • どこまで行ったらお茶の時間
      • 2006/11/09 10:57 AM
      あと3年で、小惑星が衝突し地球が滅亡する。そんな世界を仙台にあるヒルズタウンというマンションの住民側から描いた、ゆるやかな連作になった短編集。しかしその事実がわかった時点を描くのではない。そのニュースが伝わったのは5年前。悲惨なパニック状態から引き起
      • 猛読醉書
      • 2006/11/12 7:38 PM
      世界が終わるまであと3年。5年前にそう宣言された。小惑星が衝突するらしい。残された3年、仙台北部の丘に建てられた団地「ヒルズタウン」の人々の姿を通して描いている。 ところどころに出てくる映画のタイトルが嬉しい。「キャプテンスーパーマーケット」なんて普
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2006/11/27 10:22 PM
      私は、ほとんどの伊坂さんの作品を読んでいますが、この作品は、題材が終末という事もあって、いつもの作品よりも、ちょっと重く淡々とした時間の経過を感じました。 とはいえ、8つの物語の構成からなり、登場人物が要所要所で交差している事、 伏線の張り方は
      • ミステリー倶楽部
      • 2007/02/08 5:34 PM
      読み終えてから「あぁ、そう言えばこれって週末じゃなくて終末だったんだよな」と確認して自分の思い込みに少々苦笑いしてしまいました。[:汗:]
      • 脳内TraP
      • 2007/02/18 10:05 PM
      読み終わったとき泣き終わった後みたいな爽快感が残りました。もうすぐ死ぬとか後何年生きるとかそうゆう話なんだけれど、人が生きるのにそれは関係ないんじゃないかって思わされる気がしました。きれいな夕暮れみてたら悩みをその時は忘れてた。みたいな その繰り返し
      • 本を読もう
      • 2007/03/26 9:13 AM
      終末のフール伊坂 幸太郎 (2006/03)集英社 この商品の詳細を見る 感想が溜まっているので頑張っちゃいました。本日3冊目のUPです。 8年後に小惑星が衝突し、地球が滅亡すると発表されてから、残り3年となった。
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/06/08 9:17 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM