スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    心の壁、愛の歌  蓮見 圭一

    • 2006.05.12 Friday
    • 19:37
    心の壁、愛の歌
    心の壁、愛の歌
    蓮見 圭一

    105 ★★★☆☆
    【心の壁、愛の歌】 蓮見圭一 著  角川書店

    《「過去が希望を与えてくれることもあるー」》

    (著者からの内容紹介より)
    かつての恋人と果たした十年ぶりの再会。その年月はすべてを乗り越えるのに充分なのだろうか――生きることの意味を問いかける、世にも美しき六つの物語。
     「身を揺さぶられました」
     「愛しさがこみ上げてきます」
     「呼吸するのを忘れるぐらい集中してしまいました」
     帯文の本屋さんの言葉。すごい賞賛のことばが並んでいるのだが、……。


     「心の壁、愛の歌」
     「夜光虫」
     「テレーゼ」
     「結構な人生」
     「アーノンクールのネクタイ」
     「ハッピー・クリスマス、ヨーコ」  6編

     私の好みな作品であるが、いま一つ入り込めなかった。
     でも、「結構な人生」、「アーノンクールのネクタイ」など好きである。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM