スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    タペストリーホワイト  大崎 善生

    • 2006.10.28 Saturday
    • 08:35
    タペストリーホワイト
    タペストリーホワイト
    大崎 善生
     269 ★★★☆☆
     【タペストリーホワイト】 大崎 善生 著  文藝春秋

     《あの時代の学生運動とは、何だったのか、そこに生きた人たちは今、》

     内容(「BOOK」データベースより)
    「明日もあなたは私を愛してくれているのでしょうか?」盗み見た姉の手紙に記された一文―宛名の男を求めて、妹は混沌へと足を踏み入れた。愛する者たちを奪い去っていった狂熱の季節を彩るキャロル・キングの調べ。脆く、澄み切った時間を描いた青春小説。

    内容(「MARC」データベースより)
    学園闘争が残したのは、ひび割れて飛び飛びになった床のタイル-。愛する姉・希枝子を内ゲバで失った洋子は、姉の恋文の相手を求めて混沌へと足を踏み入れた…。脆く、澄み切った時間を描いた青春小説。


     久しぶりの大崎さんの本を読んだ。
     相変わらずの透明感のある文章だが、内容は、強烈な物語だった。
     学生運動が激しかった時代・70年代初めの頃か、ちょうどその頃大崎さんも学生だったのか。
     妹・洋子は、聡明で優等生な姉・希枝子が誇りだった。ある日、姉が何かに目覚め変わっていった。「今ローデシアで何が起きているかに関心を持っていなければならない。もちろんビアフラでもいい。ニカラグアでもいいしパレスチナでもいい。そのことを少しでも正確に知る、あるいは知ろうと努力することがこの地球に生きている人間のつとめだと思う」の言葉を残して、姉は東京の大学へ。
     妹・洋子は、姉の幻影?に取り付かれて、また姉は何故、その真相を見つけ出そうと姉と同じ大学に入るのだが、…。姉の運命を変えたのは、何だったのか。
     あの学生運動とは、何だったのか、思想・革命、本来とは違う残酷な内ゲバの繰り返し…。
     あるとき、やっと掴んだ孝史との生活も…。その孝史も、…。

     妹・洋子がようやくたどり着いた場所で、自分の生きる意味を見出せたのか。愛する人を失い、やっと見つけたもの・幸福とは、…。

     こうも思う。
     私は言葉や机の上でなく、現実の中でタペストリーを縫い合わせているのだ。それが広がっていけばいくほど、あなたの糸はどこかにかすんでいってしまう。それでいいのだろうかと思いながらも、それを止めることができないでいる。それはローデシアという国がもうこの世界には存在していないのとよく似ている。ローデシアの解放の先にある悲劇を知らなかったのは、もしかしたら幸せだったのかも知れない。
    (本文より)

     余談だが、この本に善福寺川が汚いイメージが表現されているが、今の善福寺川は、鯉が泳いでいてキレイです。善福寺川の川沿いの逼迫感、荻窪あたりはそんな感じもあるが、私は善福寺川に沿って散歩するのが好きです。そこには、四季の花々が咲いているし、可愛い鳥の姿も眺められるからです。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 08:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんは!
      学生運動とは何だったのか、その意味や、影響などを下の世代から振り返るという内容でしたね。これは、大崎さんの経験などが反映しているのかなぁと思いながら読みました。
      姉や、孝史への思いが伝わってくる内容でしたね。
      学生運動の血なまぐささも大崎さんの文章で、ちょっと中和されているような気がしました。
      こんばんは、エビノートさんへ。
      そうですね、物凄い話しが大崎さんの文章で柔らでいる感じですね。学生運動が遠い昔の感じがしました。でも、最後はほっとしました。
      また、じっくり読んでみたい気もしました。
      • エビノートさんへ
      • 2006/12/07 11:22 PM
      こんばんは。モンガさん。
      学生運動の本は読んだことがなかったので、とても新鮮に感じられた作品でした。
      内容が内容だからか、今までの作品と少し作風が変わったような気がしました。
      浅倉さんの作品に似ている気がしました。
      • ゆう
      • 2006/12/15 7:25 PM
      こんばんは、ゆうさん。
      《》今までの作品と少し作風が変わったような気がしました。《》
      本当に少し違って風に感じました。
      浅倉さんと共通なのは、北海道出身というところもありますね。
      • ゆうさんへ
      • 2006/12/16 10:02 PM
      人生をタペストリーにたとえているところが、好きです。
      大切な人を失った洋子のことを想うと、いたたまれない気持ちになりますが、でも、洋子は生きていてくれてよかったと思いました。
      • 2007/05/13 11:51 PM
      こんばんは、花さん。
      大切な人、姉のこと思うと本当にいたたまれませんね。
      洋子には良い人生をと思わずにいられませんでした。
      • 花さんへ
      • 2007/05/14 12:17 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      タペストリーホワイト ≪内容≫ 「明日もあなたは私を愛してくれているのでしょうか?」 盗み見た姉の手紙に記された一文―宛名の男を求めて、妹は混沌へと足を踏み入れた。 愛する者たちを奪い去っていった狂熱の季節を彩るキャロル・キングの調べ。 脆く、澄み
      • まったり読書日記
      • 2006/12/06 6:15 PM
      70年代の学生運度に関係し、内ゲバによって殺されてしまった姉・希枝子。 姉が求めていたものは何だったのか?なぜこんな事になってしまったのか? 妹・洋子は、その真意と真相を追うため、姉が残した唯一の手がかりをもとに、一人の男性を求めて危うい闇の世界へと足を
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/12/15 7:23 PM
      文藝春秋 (2006/10) ASIN: 4163253904 評価:91点 心から尊敬する姉と、世界でたった一人の大切な恋人を失った女性の、喪失と再生の物語。 透明溢れる著者独特の表現で、さらりと流れるようにかかれているために先を読み急いでしまうが、じつは書かれているこ
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2006/12/23 12:41 AM
      タペストリー ホワイト 大崎善生 文藝春秋  2006年10月 姉希枝子は、、小、中、高と秀才の名をほしいままにしてきた。その姉の部屋から、聞きなれないメロディが聞こえてくる。数日後、かつて聞いたことのない父の怒鳴り声、姉の金切り声が聞こえる
      • <花>の本と映画の感想
      • 2007/05/13 11:33 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM