スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    もしも、私があなただったら  白石 一文

    • 2006.10.26 Thursday
    • 21:51
    もしも、私があなただったら
    もしも、私があなただったら
    白石 一文
     267 ★★★☆☆
     【もしも、私があなただったら】 白石 一文 著  光文社

     《もっと、もっと理屈っぽく、哲学的なものを書いてください》

     内容(「BOOK」データベースより)
    6年前に会社を辞め、郷里の博多に戻ってきた藤川啓吾。小さなバーを経営する現在の彼には、どうしようもない孤独と将来への漠たる不安があるだけだった。そんな彼のもとへ、ある日、会社時代の親友の妻・美奈が突然訪ねてくる。ほろ苦い過去を引きずりながら再会した啓吾に、美奈は驚くような相談を持ちかけてきたのだった―大人の男女が互いに愛し合うとは一体どういうことなのか?誰もが悩む恋心と性愛との不可思議な関係を卓抜な言葉で解き明かす傑作の誕生。


     「人はたえず『おのれとは何者か』と自らに問いかけるべきである。そしてこの偉大な問い以外の考えをきびしく排除すべきである。そうすれば自己の中心にある深遠な存在に必ず気づくことができる」…… 小説を書くときに最も大切にしている言葉。

    私は、白石さんと言う作家が好みである。何か、理屈っぽいところ、哲学的なところが出てくるからである。だが、段々とそれらの部分が少なくなってきたように思える。白石さんの父親が直木賞作家で、双子の弟さんも作家であるが、どこかのインタビューで何で内の家はいつも貧乏なんだろうと思って、もう少し売れる本を書いたらどうかと父親に言ってみたいなことが載っていた。私自身は、父親の白石一郎さんの本を読んだことがないので何にも言えないが、少しでも多くの人に読んでもらうことを念頭に置いて書いているような気がする。
    この本は、何故か女性読者には人気がないようだが、中年の恋愛小説のストーリーが難しい面もあるが、普通に考えて純粋な恋心として読めば良いのでは、と思っています。

     ― 私たち女は心と身体で生きる。だけど、あなたたち男は、目と頭で生きようとする。

     もしも、私があなただったら……
     もしも、私があなただったら、こんな私のことを置いていったり絶対しない。(本文より)

     友人の嫁さんに好意を持っている気持ちがあり、その恋がそれが現実に起きる、昔はこんな話は聞かなかったが、今はこんな話が雑多にあるように感じています。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      私がこの本を読んで、一番好きだったところは、モンガさんが引用されている、「作者の言葉」でした。なんかすごく感銘をうけました。とはいえ、この本は…ダメだったんですけれどね。普通人にこんなセリフはくかしら…とか思っちゃって…。
      私は、好きな作家さんですが。
      ことごとく、女性の人たちには、?ですね。
      中年の恋愛っていうのが、グーなのかなー。
      • chiekoaさんへ
      • 2006/10/27 11:29 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      仕事を辞め、福岡でバー店を営む藤川啓吾のもとに、会社時代の同僚の妻であった神代美奈が突然訪ねてきた。 再会をきっかけに、再燃していく中年男性の最後の恋を描いた長編。 テンポよく話は展開していったが、魅力的に思える人物が登場せず、ストーリー展開に必要と
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2006/10/27 12:33 AM
      もしも、私があなただったら白石 一文 光文社 2006-04-20 会社を辞め、郷里の博多に戻ってきた啓吾のもとへ、会社時代の親友の妻・美奈が突然訪ねてくる。彼女の「用件」とは…。 大変表現が悪いですが…ぶっちゃけ「いい年したおじさんとおばさんが何をやってるん
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2006/10/27 6:50 PM
      【相手の気持ちと、自分の気持ちと。】  ‘もしも、私があなただったら’ どうする?何する?何言う? なんてことは、正直頻繁に良く考える方だと思う。 幼少の頃から、今は亡き母親に ‘相手の気持ちに成り代わってみなさい’ ‘相手の心を読んであ
      • 雑板屋
      • 2007/04/21 1:40 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM