スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    厭世フレーバー  三羽 省吾

    • 2006.07.26 Wednesday
    • 19:35
    厭世フレーバー
    厭世フレーバー
    三羽 省吾

    174 ★★★☆☆
    【厭世フレーバー】 三羽省吾 著  文藝春秋

    《家族って、何でしょうか。つながり…》

    出版社 / 著者からの内容紹介より
    新しい時代の家族を描く新鋭登場
    突然、父親が失踪。没頭していた陸上をやめ、14歳のケイは新聞を配り始めるが──。家族という不可思議な関係を描くポップな一冊


     帯文
     リストラされた父親が姿を消した。
     14歳 ケイ → 陸上部をやめて新聞配達
     17歳 カナ → いい子をやめて深夜までバイト
     27歳 リュウ → 急に家長の意識にめざめる
     42歳 薫 → すっかり酒びたりになる
     73歳 新造 → 認知症が進行してしまう
     いったい、この家族、どうなるの?


     厭世って何。辞書によると、世の中をいやなもの、人生を価値のないものと思うこと。「―自殺」と書いてある。
     14歳の項から始まるので、少年の物語かと思ってしまった。それが家族一人ひとりが出てくる。父親が失踪して、家族のなかで、どう心・感情が変わっていくか。5人ともそれぞれに良いのですが、73歳 新造には、やっぱり人生の深みを感じます。部長代理?が何ともいい味出しています。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん こんにちは。
      厭世ってそういう意味だったのですね。
      自分も調べようと思いつつ後回しにしてました。
      部長代理、かわいかったですよね。
      話ができるおじいちゃんが羨ましいです。
      • bon
      • 2006/10/08 11:46 AM
      こんばんは、bonさん。
      TB・コメントありがとうございました。
      やはり、この本を読むと家族っていいなー、
      と思います。
      • bonさんへ
      • 2006/10/08 7:38 PM
      モンガさん☆こんにちは
      不満の原因は一つなんだけど、不満のあり方は人それぞれ、家族であっても人は一人一人違うんだよなぁってことを深く感じました。
      • Roko
      • 2006/10/09 2:30 PM
      こんばんは。Rokoさん。
      そうですね、同じ家の下で暮らしていて、現在は、案外一人ひとりの心のうちを出さないようになってしまってきたのかなーと思ってしまいました。

      • Rokoさんへ
      • 2006/10/09 7:34 PM
      そんな帯があったのなら私のようなカンチガイをすることもなかったのね…と思いました(笑)。部長代理、よかったですね!名前の由来もなんか好きでした。私も猫をかったらそんな名前にしてみようかと思いました。
      こんばんは。
      TB・コメントありがとうございました。
      73歳新造でこの本は治まってますね。
      • chiekoaさんへ
      • 2006/10/23 11:23 PM
      こんばんは!
      家族それぞれが考えていることがてんでバラバラ、
      お互いに意志の疎通らしき疎通ってないのに、
      家族のつながりが感じられる小説でしたね。
      リストラされたお父さんが気になります〜
      何してるんだろう?
      こんばんは、エビノートさん。
      家族ってなんだろうか、考えてしまいます。
      家族って繋がりなんだなー、と思いました。
      • エビノートさんへ
      • 2006/12/01 12:52 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      厭世フレーバー三羽 省吾 (2005/08/03)文藝春秋この商品の詳細を見る リストラされた父親が、退職金の一部を持って失踪。 残された家族は… 14歳次男ケイ、17歳長女カナ、27歳長男リュウ、42歳母薫、72歳祖父新造。 章ごとにそ
      • 本読み日記
      • 2006/10/08 11:25 AM
      厭世フレーバーposted with amazlet on 06.10.05
      • ついてる日記?
      • 2006/10/09 2:27 PM
      厭世フレーバー三羽 省吾 文藝春秋 2005-08-03 突然、父親が失踪してしまい、取り残された家族。没頭していた陸上をやめ、高校進学もしないと言い張るケイ。終電の時間まで帰らなくなったカナ。急に家族のことに口出しをするようになったリュウ。酒びたりになった母。
      • + ChiekoaLibrary +
      • 2006/10/23 1:47 PM
      厭世フレーバー ≪内容≫ 俺がかわりに殺してやろうか。 父親が失踪。 全力疾走のはてに少年は血の味を知った ―家族の崩壊と再生をポップに描いた快作誕生。 (BOOKデータベースより)
      • まったり読書日記
      • 2006/11/30 8:09 PM
      えんせい 【厭世】 世の中をうとましく思うこと。生きていることがつらいと思うこと。 フレーバー 【flavor】 風味。香り。おもむき。 須藤家家族構成…ケイ(圭一:次男)14歳。カナ(長女)17歳。リュウ(隆一:長男)27歳、薫(母)42歳、新造(祖父)73歳。宗
      • 宙の本棚
      • 2007/01/28 9:26 AM
      もしも、私があなただったら 出版社: 光文社 (2006/4/20) ISBN-10: 4334924948 評価:74点 「もしも私があなただったら、こんな私のことを置いて行ったり絶対にしない」 主人公の圭吾が、美奈を拒絶して海外に旅立ったとき、美奈が言ったセリフ。 それがその
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2007/08/29 12:16 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM