スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    七月七日  古処 誠二

    • 2006.10.14 Saturday
    • 07:17
    七月七日
    七月七日
    古処 誠二
     254 ★★★☆☆
     【七月七日】 古処 誠二 著  集英社

     《大義というのが、いつの間にか。戦争というのに大義はあるのか》

     出版社/著者からの内容紹介より
    日系二世の語学兵の苦悩を描く戦争長編。
    日本人と同じ顔、同じ言葉を喋るがアメリカのために戦う日系二世の語学兵、ショーティの栄光なき孤独な戦い。アメリカ人以上にアメリカ合衆国への忠誠を要求される日系人の苦悩を描く力作戦争長編。


     「日本人の子として恥じぬよう、アメリカのために全力を尽くす!」
     大義を信じたときが騙されたときだと、日本人捕虜と日系二世語学兵は教えてくれている。 古処誠二
    (帯文より)

     第二次大戦末期のサイパンを舞台に日系二世語学兵と日本兵との戦争に対する考え方・感情を描いている。日本兵の上司命令重視は、わかりやすいがアメリカの兵隊の規範がどんなものであったがいまいち理解できないところもあるが、主人公・日系二世語学兵・ショーティの日本人親が持つ日本国意識・天皇意識と主人公がアメリカで生きることのはざまとの感情が日本兵捕虜とのやりとりで出てくるような気がする。
    戦後世代よりも若い古処誠二さんが戦争をテーマにしつづけることに頭が下がる。

     先日のニュースでイラク戦争でイラク人60万人亡くなったのではということが載っていたが、こんな犠牲にすることでしか解決?出来なかったことなんだろうか。改めて、戦争の虚しさと儚さを感じるのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 07:17
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM