スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    とるにたらないものもの  江國 香織

    • 2006.08.31 Thursday
    • 23:47
    とるにたらないものもの
    とるにたらないものもの
    江國 香織
     207 ★★★☆☆
     【とるにたらないものもの】 江國 香織 著  集英社

     《江國ファンにとっては、とるにたるものものが一杯です》

     出版社/著者からの内容紹介
    輪ゴム、レモンしぼり器、お風呂、固ゆで玉子……子供のころの家族との甘やかな記憶、現在の生活で慣れ親しんだもの。有形無形、愛すべきものものを、やわらかな言葉で綴るエッセイ集。

     
     「緑いろの信号」「輪ゴム」「レモンしぼり器」「煙草」「小さな鞄」「愛称」
    ……「りぼん」「推理小説」「食器用スポンジ」「大笑い」「免税店」「いいのだ、ということ」などなど、60のとるにたらないものもの。

     「書斎の匂い」
     江國さんの父親は、随筆家で有名な人だ。父親の書斎の匂い・追いつめられた精神の匂い・苦悩の匂い、それが全然違う仕事部屋なのに、父親の書斎の匂いと同じ匂いだと言う。それは、毎日も書き続けているとき、予定通りには進まず、外にでることのままならないときだと言う。作家になりきったときなのだ。

     「競艇」
     競艇に凝っている、と言うのにはちょっと驚いた。

     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      私は「面白そうだ」と思う本を、ジャンルを問わず読む人間である。では、どんな本を「面白そうだ」と思うのか。そこが、世の本たちにとって、ぱんどらの書棚に入るための第1関門だ。 でも理屈ではうまく説明できない
      • ぱんどら日記
      • 2006/09/01 10:20 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM