スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    チョコリエッタ  大島 真寿美

    • 2006.08.29 Tuesday
    • 22:09
    チョコリエッタ
    チョコリエッタ
    大島 真寿美
     205 ★★★☆☆
     【チョコリエッタ】 大島 真寿美 著  角川書店

     《ジュリエッタは、可愛いのです。(表紙の犬)》

     出版社/著者からの内容紹介
    こわばったモノクロ世界が、鮮やかに色づいてやわらいでいく、物語。
    現実にうまく馴染めず、「チョコリエッタ」という虚構の名前にくるまり世間から逃避していた知世子は、映研での自主映画制作の過程で、本来の生気を取り戻し、窮屈なしがらみからのびのび解放されていく――。


     私が或る一匹の犬だった季節はそうして終わった。

     大学進学に向けての進路調査に「犬になりたい」と書く、宮永知世子・高校生2年生。
     幼い時に親子3人乗った車で事故にあって、おかあさんを亡くしてしまう。そのことが影響しているのか、何か釈然しない、居場所がない。そこから、何とか抜け出さなくては、……。
     大島作品は、何かが違う、この文体は何だろうか。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      最近「ほどけるとける」を読んだのですが、大島さんの作品って優しい気分のときに読むと染みる感じがします。
      • じゃじゃまま
      • 2006/10/31 9:41 AM
      「ほどけるとける」は、まだ読んでないので是非読みたいのですが。
      大島作品は、本当に優しい気分になりますね。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2006/10/31 11:13 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      なんだか変わった女の子の話。お母さんが幼い頃の自動車事故で死んじゃって、それからはお父さんと、お父さんの妹(だから叔母さんね)と暮らしてるんだけど。 心は悲しみでいっぱいのままなんだけど、自分でもなにが悲しいのか、うまく表現できないまま思春期になっち
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2006/10/31 9:34 AM
      チョコリエッタ大島 真寿美 (2003/03)角川書店 この商品の詳細を見る 高校二年生の宮永知世子は、進路調査に「犬になりたい」とまじめに書いてしまう女の子。 知世子が幼稚園年長組の夏休みに、親子3人で遭遇した交通事故。その
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/08/19 4:40 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM